ゴルトシャッツ

Entries

Category : 感想・雑記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三島さんが超合金の足をもつことがわかった衝撃のカブト25話。
そうか…三島さんは博太郎(待て)が自分好みにつくった人造人間だったんだ。
だからいつ何時でも余すところなくエロいのか。パパ、ぐっじょぶ。いい趣味してるね!

この頃のカブトは普通に面白く感想といえば、きょうも面白かった。
これで終わってしまうが、それもなんなのですこしだけ。


人造人間三島さんに踏みにじられ、喪服女ワームにも侮られ、結構ヤな男である
大介にまで「どんなイヤな奴にも」とか言われる負け犬街道まっしぐらな影山。
彼には望まざるとも鍛えあげられた不屈の雑草魂で長生きして欲しい。

友人が天道のことを「ぼくらのクール・ツンツンドラエもん」と称してから
天道を見るたびに頭の中でこの言葉がリフレインして微妙に困っている。
そんな天道のツンツンしないドラエもんスマイルが25話では炸裂。

こ、コワっ・・・・・。

いまだかつてこんなに寒々しい愛想笑いをする主人公を見たことがない。
やはり天道はツンツンしていたほうがいいらしい。
ずっとツンツンしていること。それがキミとボクとの約束だよ!(知るか

しかし彼はのび太だけ守るただのドラエもんではなく(どこからツッコめば…
結構世のため人の為に働いている(よね?)スーパーヒーローなので、
今回はたいせつな妹、樹花ちゃんがピンチに。
ものすごい狭い範囲で活動しているらしいワームのおかげでひよりが目撃。
天道、樹花ちゃんが大変だ!よしきた任せろ!
・・・・・天道って携帯持ってました?

アホな子ほどかわいいと思ってはいたが、あれほどあからさまに怪しいのに
天道に連絡をとろうともしない加賀美はどれほどアホなのか。今後が少々心配だ…

シャドウのリーダーになったり刑事として名をあげてみたり。
髪はボ-ボーだしスーツの足は細すぎるけど(関係ない
組織に入るとなかなか有能な働きをみせるプー天道。
樹花、おにいちゃんがんばってるぞ。いまひとつ金にはなっていないが。

博太郎父さん(本気で役名が思い出せませんでした)が
引き連れていたのがSAの次郎さんだったので朝から大爆笑だった。
いやだそんなおっそろしい警察の人たち。天道はよ逃げてー!爆笑

映画対策なのかひさびさに登場したトンボライダー大介。
夏服になっていたのに印象変わってないのが泣ける。がんばれ中の人。
いまのカブトのカラーに微妙にそぐわない彼が、ぼっちゃんとヘンに絡んで
話がわやわやにならないことを切実に祈りたい。
そうならないために彼と絡むのは天道と女子限定で!

やっぱりキャストオフする前のトンボは我らが王蛇に似ている気がする。(我ら?
そういえば今回キャストオフとその前形態と使い分けていましたね。
とても便利そうだ。でもその利点は?形からして頑丈になるとかそんなところ?


武蔵さんに虎牙さんにと武闘派を集めた劇場版も公開間近。
本編も加速度的におもしろくなってますます盛り上がるカブト。
例年、劇場版公開時は新規視聴者のためのエクスキューズとして
総集編と本筋には無関係なコメディエピがはいるものですが、
この流れが分断されるならかなり惜しい感じ。うまくまとまりますように。

それにしても虎牙さんは美味しすぎますね!劇場版が楽しみだー爆笑
スポンサーサイト
加賀美が信じた男の子がワームなのを見た瞬間、またこの展開なのかと
落胆しながらも、平成ライダーだから仕方がないと冷めた気持ちになりました。

でもカブトはそこで終わらなかった。

傷つくことで手に入れたライダーの力を使い、少年の夢をかなえた加賀美。
その加賀美を爆発から庇って散ったワーム。

平成ライダーでこんな話を観られる日がくることはないと思っていました。
とても嬉しい。

今日はひとまずここまでで。就寝。

ここしばらくはおもしろくないというか、どうでもいいと感じるシーンが多くなっていたカブト。
21話はひさしぶりに来週が待ち遠しいストーリー展開で嬉しかったです。

しかしカブトは、牙狼と同じく東京によく似た架空の街が舞台なんだな…
いままで気づかなかった。そうかそうか。なるほど了解。

そう納得したところで今週のストーリー。
田所さんがどんどん都合のいい人になっていくのが悲しいような。
単なるいい人で終わらせるには迫力ありすぎるし、後半変わっていくのだろうか。
そうでなければ明らかなミスキャストになってしまう肌の焼き具合といい。(関係ない

さそり座のおぼっちゃまは見慣れてくるとなかなか可愛らしい。
演技ともども常に前のめりな感じが、落ち着いた天道と対照的でさらに印象を強めている。
じいやと演技初心者の彼の演技の間が、いつも緊張感に満ちているのは
主にじいやの呼吸法にある気がするけどおいくつになる役者さんなのかな…。
最初はおっかなびっくり見ていましたが、こちらも見慣れてくるとなかなか味が。

・・・要するにあの豪邸コンビにすっかり慣れたということなのですね。
ゴン&トンボ同様、愛着がわいた頃にグッパイな雰囲気漂いまくりなのが
悲しいところですがまさか来週にも…?
親玉を倒したらラームが持ち主に戻るシャンゼリオン方式でいいと思います。(よくない
※書きながら19話を見返しはじめて、今週のふたりが実にソフトな描かれ方を
しているのがわかりました。そうね、見慣れるとかそういう問題じゃないのよね…



・樹花ちゃんの今日のおっはよーポーズはいまいちでした。しかし癒される。

・この頃の影山はすっかりキレイになって眩しいくらいですが彼になにが?
それは恋をしたせい v とかならぜひblogで報告を。

・ひさしぶりに見た天道は髪がのびてモン吉ぐあいに拍車がかかってべりーキューツでした。

・あのクワガタは、箱に閉じ込めてるからあんなに凶暴なんじゃ…
一度大自然に放してみるといいと思います。

・相変わらず組織の形態がなってないゼクトですが、少年をたすけようと
がんばる加賀美に胸熱くなりました。

・その少年が持つ望遠鏡が絵に描いたようにキレイに転がったので微妙にウケた。


そしてやはり今日は叫ばなければならないでしょう。
加賀美にささやきかける前、ソファーに腰掛けた三島さんの足が

見惚れるほどに長かったことを!!

悪魔のような三島さんを有難う!!!
……


そんな感じでたいへん楽しく鑑賞したカブトでしたが、今日の天道は
可愛さに反比例してとても無能だったのが唯一のざんねんポイントでした。
本体を消しにくるのがわかっているなら、せめて集中治療室に入ろうと
ドアに手をかけたあたりで声をかけさせるべきじゃないでしょうかタサキ監督。(突然なに

でも今日の三島さんがすてき演出にあふれていたから
とりあえず満て――!!?三島さんなにその黒マント姿ッッッッ?大爆笑

-------------------------

★送料無料! 仮面ライダーカブト VOL.1(初回生産限定仕様)20%OFF仮面ライダーカブト VOL.1(初回生産分のみ限定仕様)


そしてもうDVD発売の時期。年々はやく感じます…

恒例となりつつある岡元次郎さんをはじめとする、戦隊・ライダーで
がんばるSAさん達への「暑中お見舞い基金」の告知がスタートしました。

詳細は「岡と萩PLUS」さん「第3回暑中お見舞い基金」へ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


毎年この企画の声を聞くと無性に飲めもしないビールが飲みたくなります。
なにがそうさせるのか。
「SAさん達が仕事のあとに飲むビール」というシチュエーションが
やたらおいしそうに感じるからなのでしょうか。想像すると本当においしそうだっ。笑

いままで告知協力くらいで参加できたことはありませんでしたが、
今年はぜひ参加させていただこうと思います。


そういえば、萩野さんと田植えに訪れた岩手でのんだこのビール。
のど越しなめらかでおいしかったなーひと口のめただけでしたが。(こどもか)


銀河高原ビール ヴァイツェン300ml瓶20本入り1箱【税込4,578円】




モロ師岡劇場完結篇。
先週よりぐっと面白くなりました。モロさんもとても濃かったし(笑)よかったです。
ムチャクチャだけどイキオイのみで乗り切る。そんな回でしたが面白ければ無問題。
若林(モロ)擬態ワームに「もらうぞ。お前のいのち(ラーム)!」と、
シャンゼリオンのダークザイドそっくりに言わせるのは悪ノリしすぎだよと思いましたけど。笑

いま急に気温が下がった部屋でくり返し観ていたら、ものすごおでんが
おいしそうでした…食べたい。ブルブル。でもはんぺんはしばらくいいですサムイから。(あの

岩谷 おでんの達人


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


ゴン、可愛いなぁ…。元々存在がキラリと光る女優(子役)さんでしたが、
ひよりっちが八百屋で果物の名前がわからなくて困っている時、その果物を
ひょいと持って「はっさく」ってハキハキいった時はあんまり可愛くて天才!?と思いました。
可愛さの天才。素晴らしい。

平成ライダーマジック(というより敏樹魔術というべきか)に
翻弄されてとんでもないことになっているゴンの現保護者も、見慣れてきたのか
ご本人の資質がスタイリングに勝りはじめたのか、とてもかっこよかったです。
眉はキレ良く上がりすぎていますけれど(腹痛)しみじみとキレイな顔立ちの役者さんですね。

先日から自分強化月間にはいっている加賀美が、ワームと戦っている場所に
偶然通りかかった人みたいな雰囲気でカットインしたカブトに爆笑。なんだそりゃ。笑
――なんていろいろ言ってますが本当は

弓削さん演じる三島の腰高なうしろ姿
すっかりやられて冷静な判断が出来ません。カッコイーーー!!! 
三島さんにすっかり目がくらんだので、今回のカブトはとてもおもしろかった
気がするけど、具体的になにが面白かったのかよく分かりません!!(待て)

そんな素敵な三島さんがハチを捕まえて無理やりゆうこと聞かせていたのに腹痛。
なんとなく性別♀な気がするザビー蜂。変身を解いて解放された後、
「なんてことするのよ!?2度としないでよ!!!!」
といわんばかりに三島の顔付近を飛んでいたのに大爆笑でした。


番組エンド漫才。
加賀美のつっこみ、キレが良すぎてオチが分かっていても笑ってしまいます。
このコーナー、できるかぎり長く続くといいな。
「ライダー…キック」
カブトが気だるげに呟いた瞬間ワームが爆発したので、カブトスタッフは
どんな飛び道具的属性をライダーキックに持たせる気なのかと本気でおどろく。
ドレイクか。そうかなるほど…ひっそり笑った前回ラスト。
ドレイクになるとオッシーがいやに細腰にみえるのが気になる2006年初夏。
今年も暑くなるのでしょうか。(なに言ってるのですか)

友達に強力に勧められるでなく、はじめて自発的に1話からみ始めるという
かつてない視聴意欲をもって平成ライダーを見た昨年。
結果としては惨敗というしかなかったので、さらば東映。
もうライダー見ることもないのだろうとカブトが始まった時は遠い目をしていました。
が、あやさんとゆーちゃんが日記であまりに楽しそうだったのでまた観始めています。
ただいま東映。(あっさり)

そうして見始めて1ヶ月くらいになるカブト。
まだ日が浅いせいかけっこうあるらしい設定上の不整合なんかも
気にならず、楽しく観ています。知らないだけに新しい設定を見るたびに
知らない設定がまた!?とか新鮮な気持ちでいられて途中視聴も悪くありません。

天道を演じる主演の水嶋ヒロさんは、ハチべえ(誰)を彷彿させてとてもいい感じ。
彼の画面からあふれ出さんばかりの輝く魅力を目を細めてみています。
ご本人の若さあふれる一本気な性格も見逃せないところ。
ライトフットさん、クリームパンに対する思いは彼のweb日記に熱く
つづられています。面白いですよv(私もaさんにオススメを受けました。笑顔)
演技力のある加賀美くんといい今年のキャストはとても感じがいいですね。


いきなりの長石トンネルに「おかえり!そしてただいまタカオちゃん!!」
とか大興奮だった先週にくらべ(興奮の方向が間違っている気も…)
今週はまるで昂揚感がなく、ついでにいえば内容もなかった。
こんなにも完成度に違いがでるのに問題はないのだろうか。

天道と大介のレストラン・バトルもすこし前のスクラッチ削る回は
かわいくて面白かったのに、今回のはどうでもいい感じ、というよりいっそ不快でした。

スクラッチの回は次々と料理を頼んでも、当たりが出たあとに
すべて平らげて去るという描写までいれる細かい配慮を見せていました。
それとは違い食事をする場所でメイク道具を広げて香水を吹きかけるに
止まらず、ドライヤーで髪型を変えるという傍若無人な振る舞いをみせたふたり。

天道と妹ちゃんとのごはんシーンにも違和感を覚えましたが、
生理的な不快感を与えない。この部分を無視すれば、本来笑いを提供するはずの
シーンが笑えなくなるばかりか、不愉快なだけの意味のないものになる。
子供番組なめたらいかん。――と思ったら演出がヒーロータイムの黄金コンビでした。
OPで脚本が誰かは一瞬見えたんだけど監督が誰かまではわからなかった。そうか…

カブトはそういうの気にせず見たいんだけど、それならしようがないからいいや。
次回に期待。はっ。カブトも2話完結なら次回も?スズムーとは分けてください…


最初の感想なのに不満が多くなってしまい不本意ですが、
先週はどうしても時間がなくて書けなかったんだーだーだーだー(エコー)。
…我ながらあほすぎる…。


オロナミンC-。
天道がとってもおさるな感じでかわいかったです。
普段はキレイな顔立ちなのにライティングのせい…?笑
しかしかわいいので本編の何もかもがふきとびました。さんきゅーオロシー。
日付的に昨日になってしまいましたが、本日のDTDXスペシャルに細川さん
ご出演と聞き、録画するべき?どうする…?悩みながら結局、晩ご飯作りながら見鑑賞に。
表彰状を読む姿がおっとりと妙に可愛らしかったので現在とっても敗者気分です。
でもいいの。いいのよいいんだもの。その分脳裏に焼きつけようと必死に見たから。
あまりに集中したその姿、さぞコワかったと思うので家族にも見られずすんでよかった…

いきなり極寒な独白からはじまっていますが、どうして?と聞かれれば
そんな気分だったからとしか答えようがないのですが(あの?)、
一言でいうなら気にいっていた、細川さんが前回出演したダウンタウンDX。
うっかり響鬼十之巻を重ねてしまい、さむさと(失礼)反比例したカッコよさが
いい感じにウズがゆかった007な休日や、地元の市民プールで元水泳部の
本気泳ぎでバラフライを決めているところを目撃されて(しかも水着は黒のブーメラン。笑)
「帰るとやっぱり泳ぎたくなるんですよ。シャケじゃないですけど」と発言、
松っちゃんからシャケじゃないよ冷ややかな返しを受けていたイカシタ茂樹さんが、
キレイに消えていることに先ほど気づいてウツロな気分なのでございます。
その上、悩んで録画しなかった今日の茂樹さんもいい味出していたと
きた日には、きた日には・・・・!ほろほろ涙もこぼれようってもんです。(どこが一言)

そんな訳で忘れないうちに感想。
最初に出てきたたくさんの出演者の中に細川さんの姿はなし。
前のように前半後半で出演者が違うパターンなのかと思い、なんの疑いもなく
見続けていましたが、出演者の中に桃太郎侍さん(待て)と平家のボンボン小泉さん
いることに気づいて、もしや?と思ったらやっぱりVTR出演だった茂樹さんでした。

・~ 小泉孝太郎くんを表彰 ~・
あなたはとても明るい好青年で、同じスポーツジムに通っている時も
「チョコボール」「肉団子」など、面白いあだ名をジムの仲間に
こっそりつけて僕を楽しませてくれています。そんな好青年のあなたが、
なぜか野生動物が獲物を狩る姿にとても興奮し、僕がその映像をおさめた
DVDを持っていると話すと、ガッと腕をつかみ「貸して下さい。貸してください!!
ガクガク僕の身体を揺すりましたね。「まぁ…今度ね」そう答えたのに、
あれから毎日「貸して下さい」「貸して下さい」と、メールを…打ってくる
なにがあなたをそこまで駆り立てるのか。好青年なあなたの、
野性味あふれる意外な一面をここに表彰します。おめでとう


大体こんな感じだったと思う表彰状の内容。小泉さんもさることながら、
細川さんの表彰文自体が、ご覧の通りつっこみどころ満載のシロモノで、
バラエティ的に大変いい仕事をされていたのではないかと思います。面白かった!

スタジオに戻って小泉さんが言うには、チーターなど猫化の動物が
獲物にむかう前に見せる瞬発力をためたポーズ(わかりますでしょうか)
ヨーイ、ドン!の、『ヨーイ』で身体をたわめた姿を見るのがとても好きとのこと。
(かっこいいか…ら?)番組などでは時々、その姿をとる直前に
画面が獲物に切り替わってしまうことがあると憤慨されていました。
「ぴょんぴょん跳ねるうさぎとか」の表現がなんともナマナマしく、
ココ笑うところ?とかなり微妙でした。(笑)いえ好きなことを一生懸命
しゃべる姿が微笑ましかったですヨ。(←フォロー?)

細川さんがしつこく迫られているDVDは「野生のプレデター」で、
聞き覚えがあるような?と調べたら(いえけっしてヒマなわけでは)
以前NHKで放送していた番組をDVD化したものらしいです。
「このDVDずっと探していて」・・・好青年のイキオイにちょっと引いたのか
「まぁ今度」なんてごまかしてないで貸してあげてください茂樹さん!(笑)

Vでは天気のいいなか、緑をバックにラフな衣装で登場した茂樹さん
響鬼のロケを思わせてドキッとしましたが、喋り始めてもおっとりした感じで
とても良かったです。「貸して下さい!」では熱の入ったカメラ目線で
好演でした。(でも貸さない←ヒドイ。笑)それにしても、バラエティの細川さん
いつ見てもホレボレするほどオトコ前です。…ドラマと違ってなんてそんなこと
思ってませんって!(すいませんすいませんすいません!!)

[More...]

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。