ゴルトシャッツ

Entries

Category : 松田賢二

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top_11.jpg


■ アクチュール(no.1)   公式site
キネ旬ムック 本体価格 933円 (税込 979 円)
キネマ旬報社 2006年06月発売  ISBN:4873766338
※偽りの花園についてのインタビュー モノクロ1P


「男優倶楽部」が誌名を「アクチュール」に変えて雰囲気も一新。
松田さんは偽りの花園についてインタビュー掲載。
インタビューの内容を重複してみたことがある人にも写真がとてもいいのでお勧めの1冊。


-----------------------------------


blogの書き方を忘れてしまいそうなくらいご無沙汰でした。
書きたいことがたまりにたまっていますが、まずは旬なモノから。
おやすみなさい。(あの)



スポンサーサイト
朝刊買えました!休日万歳。

しかし見る間もなく送別会へゴー。
ち、遅刻です…
松田さん公式webによると、本日の朝日新聞朝刊に松田さんが掲載されるそうです。
いやっほぅ!・・・・朝刊か。ちょっと難しい。もうすこし早く分かっていれば。

しかしうれしいことには変わらないBigニュースでした。
明日は読んだ方の感想blogを楽しみに仕事を〆てこようと思います。
いやっほーーう!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・寝よ。





仕事納めて帰宅後よくよくみれば4/1掲載でした。
は、はずかしい・・・・・・会社の人に3/31の朝日新聞を
お願いできて喜んだだけに、より一層はずかしい・・・・・。
たのしみにしていた松田賢二さん出演の「繋がれた明日」。
大ボケもいいところなポカで録画失敗して悲しみにくれる…前に速攻友人に
電話してどんなだったかを聞いたのが我ながらとてもウズかったです。

見事にチンピラっていたそうですが、あのなかで松田さん演じる足立が
どんな役割を果たしたのか。この目で見たかった……


------------------------------------

■NHK土曜ドラマ「繋がれた明日」 第3話
3月18日(土)22:00~22:58  原作「繋がれた明日」(真保 裕一著 朝日新聞社)
出演 中道隆太/ 大室敬三/ 中道文江/ 高取繁樹/ 藪内晴枝/ 松田賢二 ...
※足立 役


快晴!

  • 2006.03
  • 12

Edit136

雨が心配されていたよみうりランドの
松田賢二さん出演響鬼スペシャルショー。快晴でよかった!!

イベントの楽しい様子がつづられたblogさんたちは
ザンキの念に堪えない「So Waht?」さんが紹介してくださっています。
参加できずに残念でございました…。
どのご報告を読んでも松田さんの一生懸命さが伝わってくるのがうれしい!!

そしてキャラショーの出来が素晴らしい感じ。
裁鬼さん大活躍のストーリーも然ることながら写真を見るとスーツがなんだかすごい。
参加blogさんを読んだら響鬼さんはマジョーラ仕様とのこと。
ホンモノ…?裁鬼さんもホンモノっぽかったです。見たかった!裁鬼さーーん。

ほとんどのアトラクションが中止になるほどの強風の中、
イベントに参加されたみなさんお疲れさまでした。


-----------------------------------------

仮面ライダー響鬼スペシャルショーよみうりランド

3/12(日)ザンキ役 松田賢二さん トークショー
無料(入園料は必要) トーク後グッズ2点購入で握手(先着300名限定)
1回目・・・11:00~ 2回目・・・14:00~(全2公演 各回2部構成)
第1部 仮面ライダー響鬼スペシャルショー
第2部 トークショー
※3/5(日)は渋江譲二さん、3/19(日)は川口真五さんがトークショー・ゲスト

感じ方はそれぞれで主観的なものなのですが、
具体的な表現をなるべく避けた私の感想を読んで疑問に感じられた方が
コメントを寄せてくださいましたので、もう少し書いてみようと思います。

私の書いた「あんな態度」とは、あの日の松田さんの
司会者の質問に答えようとしない態度を指します。
その質問が手前勝手で非常識なものならば答える必要はないでしょう。

しかしあの日松田さんに向けられた質問は、番組終了後の
ファイナルイベントとしてふさわしいものばかりでした。
それをギャグ狙いでボケることばかり考えて質問そのものを無視するというのでは、
イベントに参加している役者としてどころか人としても礼儀に欠けた態度だと思います。
イベント終了後、公式のコメントでそのことをまるで人とちょっと違うけど
愛すべき自分のクセであるかのように書かれているのをみてさらに肩を落しました。

礼儀正しいと称されることが多い松田さんが、なぜあんな態度を
とったのか窺い知ることは出来ませんが、ファンとしてみれば
残念でなりませんし観客としてみれば「さいっていだ」です。

これも人それぞれでしょうがイベントに行くのはそれなりに大変で、
終わって疲労感ばかりを感じて帰ってくるのは本当に寂しいことです。
別に無理してサービスすることも、ザンキになりきる必要もないと思います。
仮に役作りや終わった役のことについて話したくないのであればそれでもいい。
長い撮影のなかで感じた共演者やスタッフ、出向いたロケ地の印象など、
楽しませたいと本当に思ったのならいくらでも話すことはあったはずです。

それでもあの日の松田さんは、内に内にとこもるばかりで
ちっとも外をむこうとしていなかったように感じました。

質問にその場で答えることが苦手であったとしても、
相手に対する気持ちがまるで感じられないような態度では悪すぎます。
つまらなくてもいいんです。こたえようとする気持ちさえ感じられれば。
グダグダで答えられないのと最初から答える気がないというのはまったく別のこと。
下ネタはきちんと喋れていたことからも、
あの日の松田さんは残念ながら後者だったと思います。



山形や東葛での舞台挨拶は違っていたのに
どこで釦を掛違えたのか。明日のよみうりランドでは違う報告が読めると嬉しい…
つぶやきながら星を見る。――く、くもってますけど明日はきっと晴れるはず。
どうやら私はいまだにスーパーライブの松田さんの態度と
その後の公式コメントを腹立たしく思う気持ちが抜けていないようで…
いまだにってblogにそんな気持ちを書くの初めてなんですけれども。(あの)

忙しさも手伝って期間限定DVDも申込みできないまま締切日を迎え、
それでもなんとか仕事を切り上げて8時に郵便局へ駆け込んだのに
青い振込用紙はすでに取れなくなっていました…泣ける。

しかし気にいっている「BATO LOCO」も、
特典映像で松田さんがどんな態度をとってもきっと腹立つ。
そう思って申し込みを止めようとしたあたりまだまだ高テンションで
怒っているらしいです。自分の事ながらちょっとびっくりしました。

あんな態度では役に対するどんな思いも、誰に対する感謝の気持ちも見えないよ。
そんな怒りと、1年がんばってきてどうして最後でこんなヘタを打つのか。
という苛立ち。やってはいけない。あんなヘタは打ってはいけない。

「なんでザンキさんっていうの?ザンキさんじゃなくてオッサンじゃん」

スパライみにきた子供に普通に言われている場合じゃないですよ。
あまりにショックでもう大分経つのにわすれられないじゃないですか…。
いままでインタビューで語ってきたことを自らぶち壊す態度でした。
「常に子供の目を。大人の背中を意識して」なんて口ばっかじゃないか。
さいっていだ。うわーん!(オトナ気0)

それでも「wolf・ish」 はどうしても観たかった。
青い振込み用紙が…窓口が…松田賢二さんが(え?)遠かった…。

しかし書いて随分スッキリしました。
というよりハチとの舞台挨拶情報を目にして
うきうきとようやくテンションが上昇してきて嬉しい。


だからこそ書けた、そんな話。


明日こそはコニタン舞台挨拶レポが書きたい。ものすごい短いことウケアイですが。
はじめてみたコニタンはTVとおんなじ!!(大ウケ)そんな感じでした。笑

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。