ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2005年06月11日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶるぶる震えていた犬がなんか可哀相だった十九之巻。
(ヒビキさんとの取り合わせはとても可愛かったですが)
ブログ的には約2ヶ月ぶり、響鬼的には十之巻以来こんにちは。
この2ヶ月は響鬼的にも個人的にも色々ありました。

さて、響鬼。書かない間に少年あすむは高校生になり、
みどりさんとかみどりさんとか…みどりさんとかメインの登場人物も
増え(ひとりじゃないか)、さらには鬼まで増えました。

・・・・・・・・ごめんなさい。

いま平常心を装ってあっさり書きましたが、
平成ライダー鑑賞はじまって以来のタイフーンが
わたしの心にふき荒れそれはそれはもう大変でした。
大変でしたとも斬鬼さん。(…やっぱり)

そんなココロの大嵐はこちらに置いておいて「十九之巻 かき鳴らす戦士」。

房総のバケガニ戦で負傷、入院していたザンキさんが復帰後引退。
その後を継ぐ形で鬼認定、ひとり立ちした斬鬼さんの弟子・戸田山変身体が
(未だかつてこんなインパクトのある変身完全体前の名称があっただろうか)、
轟鬼としてどんな風にバケガニ退治しているのか見てみようー!
はじまりはそんな感じ。

「俺を真似るな。自分流にやれ」
師匠の言葉を胸に、力(と若さ)にまかせて荒々しく魔化魍を打ち負かしていく轟鬼。
黄色バケガニ白バケガニ黒バケガニ…海蟹だったり沢ガニだったりカニカニいっぱい。
異常事態継続中。なのに斬鬼さん引退、裁鬼さん入院。
関東支部で動ける弦使いは轟鬼だけ?い、異常事態継続中……。

叫び声をあげながらバケガニに向かって砂浜を走る轟鬼。
勇ましいような、必死にイキオイつけてるだけなような…微妙な感じ。
とはいえ、セオリー通りカニ爪を粉砕。おなか(急所)に烈雷つきたて
「音撃ざーーん!」斬鬼さんがいなくても、師匠の名を汚さないよう
世のため人のため、轟鬼がんばってます。

感心していたら、次の白いのと黒いのはセオリー無視で
イキナリ腹に音撃斬な轟鬼。
自分流にというのはそういう意味じゃないだろ轟鬼。
危ないじゃないか轟鬼。師匠の名汚しまくりだぞ轟鬼!!!

斬鬼さんを想うあまり(待って?)朝から興奮気味な
わたしの目に、飛び込んできたのは新人の戦いぶりを記録中の
リョクオオザルに向かってカメラ目線で戦勝報告する轟鬼……
なにげにヒーロー声ですよね轟鬼の変身前体も。

いやいやそうじゃなく。
すごい正統派ヒーローなんですね轟鬼。
響鬼にはいなかったタイプだ…っていうか、
通常では最初に出てくるタイプのライダー(鬼)なのか。
1番手が3番手みたいな戦い方する響鬼なだけに
バランスは取れてますよね。うん…。

しかしそこをひっくり返すなんて考えてみればスゴい。
(わたしはストライクでしたが)受け入れがたいと言われていた、
最初から強い鬼を視聴者が受けいれたころ新人投入。
こんなところも完全新生?
もうすでに最初から強かった響鬼の、
戦っている姿なんて忘れてしまいましたけどね私は。(哀愁)


――いや、だからそうじゃなく。
すいません。衝撃が大きすぎて先延ばし先延ばしに
してしまいました。すごい破壊力だった轟鬼ひとりプレイを。
ギターっスけどね。(殴打)
予告で観た時はさらっと終わるのかと思って「ハハハ」と、
力なく笑ってすませていたのにまさかこんなことになっているとは・・・・

可愛いリョクオオザルが観られて満足でした。(終了)


しかしなんといいましょうか。
今回はいたたまれない回でございましたね。
目を覆うほどイッパイイッパイな様子を見せてくれた轟鬼…
正直、ザンキさんがサポートについても、車の運転も
DAからの情報収集も食事の支度もテントの後片付けもっっっ。
トドロキがするような気がした師弟コンビなので、ザンキさんは
一体何のサポートをするのだろうか。私はいて欲しいけど(あの。笑)
必要なの?といぶかしんでいましたが、コレは……。

必要性を疑ってすいませんでした。いるね。要ります。
いますぐ行ってあげてくださいザンキさーーーん!!!
ひとりLIVE on LIVE真っ只中の轟鬼を困惑顔で見つめる
おやっさんとザンキさんに、涙目になりながら心底反省しました。
は、恥ずかしかった…しかも掛け声びみょうにズレてて
より一層いたたまれなさが増してるってば戸田山殿ッ!!(違)

しかしそんな弟子の姿を見ても、
師匠は思案顔で静かにくちびるを撫でるのでした。ステキ。
最後に見せた『コイツはたぶん…』という表情が
たまりませんでしたね。
あの弟子のことは良いも悪いもすべてわかっていると
言わんばかりの表情が!!!(すこし落ち着こう自分)


そんな感じで、番組的にはそれなりのインパクトを期待して
送り出したであろうヒビキさんのモトクロス・シーンも
少年の初バイト(というより本格的な猛士への道第一歩というべきか)も、
戸田山“いっぱいいっぱいっス!”変身前&後
すべて飲み込まれた感のある響鬼十九之巻でした。
たった1話ですごいキャラの立ち方だ。しかもイブキとは真逆の方向ですよ。(笑)

すっかり長くなったので個別語りはMore...へ(まだあるのですか)

[More...]

スポンサーサイト

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。