ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2005年07月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ザンキさん不在の夏を自給自足で補おう~
ザンキさんに関する3つのお題に答えて夏の渇きを癒してみませんか?
と始まりましたこの企画。楽しいとなかなかの評判をいただいています。
ご回答くださったみなさまへあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。
第二回となる本日のお題はこちら。* 第一回のお題 * みなさまからの回答篇 *


1. 斬鬼さん初見の印象(変身篇)


2. このところ不足がちなザンキ成分、その補給方法


3. ザンキさんの眉へひとこと



――今回はひとまずお題のみアップさせていただきます。
夏の渇きを貴方さまや貴方さまのザンキさん感で潤してみませんかv
みなさまのご参加をコメント欄にてお待ちしております。

どうぞよしなにv

スポンサーサイト
明日は板橋に、吉野から戻られてすぐ舞台に立つみどりさんに会いにいってきます。
ザンキさんとなにをしていたのか伺ってまいりますね。(何をいうか)


劇団東少ミュージカル「シンデレラ」
7/30(土)板橋区立文化会館大ホール
13:30開場 14:00開演
全席指定 一般 2000円 小学生以下 1000円
※2歳以下で膝上での観劇は無料 おそらく当日券もあると思います。


灰被りのシンデレラ~♪があったために、
響鬼にレギュラー出演できなかったという梅宮さん。残念だったのかどうなのか
いまひとつ微妙なところですが、みどりさんのポジションだと
そんなに毎回出ないほうが逆にアクセントになっていいような気がしますなんて、
口が裂けてもいえないザンキ愛好家(古いですよ言い方が)のわたくし。
ワンパクでもいい、毎回出演してくれた方が。(意味不明)

王子の髪形がアストロ仕様になっているのかどうなのか。
しかと確かめてまいりますね!(←書くトコ間違い)
ずっと以前から作りたいと思っていた響鬼関連BLOG様のLINK集。
本日完成させました。これからはサイドの「Links」よりおすすみください。

仮面ライダー響鬼Blog Link集

がんばりました!(笑)これで簡単に飛べるかと思うと嬉しいです。
これからも時間の許すかぎり随時追加させていただきたいと思います。
リンクについてなにか不都合や問題がありましたらサイドのメールフォームより
お知らせください。これからもよろしくお願いいたします。

あと欲しいのは松田さん関連LINK集。されどこちらは時間&スタミナ切れです…
松田さんといえば公式のコメントが更新されましたね!
27話には登場されるということでおー待ーちしーてーまーーすーーー!(笑)

松田さんのコメントを読むと金田監督が思い出されますが(爆笑)、
カネダ監督ならアクション強化回?ザンキさん生身アクション炸裂?
アカン。楽しみすぎる。(まだ決まったわけでは)
今週の休みがイタすぎますね…8月14日までどうしよう。
その前に7日の次回予告できっとお姿が。…コンマ…コンマどれくらい?
いや一時停止すれば永遠。そうねそうだったわー(錯乱←し過ぎですから)
遅ればせながらスカパーにおける「劇場版 仮面ライダー響鬼」紹介番組をご紹介。
…あ、松田さんのBros.情報もまだでした。うぅ。


■「シネマ☆チョップ!」 東映チャンネル (708ch)
特集は映画「仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼」&「魔法戦隊マジレンジャー
THE MOVIE インフェルシアの花嫁」。制作会見の模様をレポート。
07/30(土) 01:15 ~ 01:45
07/31(日) 11:15 ~ 11:45 


■「劇場版 仮面ライダー響鬼&魔法戦隊マジレンジャー」予告篇を放送
東映チャンネル (708ch)
07/28(木) 00:33 ~ 00:39  07/29(金) 05:50 ~ 05:55
08/01(月) 08:24 ~ 08:30  08/01(月) 11:47 ~ 11:54 
08/02(火) 14:55 ~ 15:00  08/03(水) 06:24 ~ 06:30 
08/03(水) 12:50 ~ 12:55


■「スーパーヒーローMAXナビ」 ファミリー劇場(361ch)
8月にある3チャンネルの共同企画
「スーパーヒーローマックス2005」記念番組。そのなかで「劇場版響鬼」情報も紹介。
出演:菊地美香/ 木下あゆ美
08/02(火) 17:00~30  08/04(木) 07:00~30  同4(木) 17:00~30
08/07(日) 11:00~30  08/08(月) 20:30~00  08/12(金)深夜01:00~30
08/14(日) 08:30~00  08/18(木) 18:00~30  08/28(日) 15:30~00
08/29(月) 17:00~30


□関連:森絵梨佳「初恋」179ch キャンプチャンネル
パーフェクト チョイス「プレミア!」でもっちーこと森絵梨佳嬢の
…これはなんでしょう。イメージDVD?それとも紹介番組?
詳細は不明ながらも(すいません!)「420円/番組」でリピート放送中。





□地上波 「グレートマザー物語」 #199に細川茂樹氏のお母様
テレビ朝日 9月11日(日) 18:30~18:54 
そして本日の目玉はコチラ。最初に見た時はNHKの番組だと思いました。
テレ朝だった…す、すごい。なんてすごい。


思えば須賀さんのお父上とお母上もTV放映当初ブラウン管に登場しましたっけ…
龍騎ちらしのご紹介ででしたが懐かしいな。採算度外視だったあの御寿司。
一度食べてみたかった。貴匡御膳はおいしかったですよ。また行きたいですね、あやさん。
(なんの話)

~ザンキさん不在の夏を自給自足で補おう~
ザンキさんに関する3つのお題に答えて夏の渇きを癒してみませんか?
と始まりましたこの企画。ご参加くださったみなさまのお答えをアップしますv
みなさんの詳細なコメント&私からレスは企画ページ・コメント欄にてご覧いただけます。


シトロンさま
1.ザンキさんにコロリといったキッカケ
*15話「鈍る雷」にて
岩場によろめき倒れ、顔だけ変身解除。仰向けに呼吸が乱れるザンキさん。
それまでは彼の醸し出すただならぬ雰囲気に恐怖すら感じて引き気味(笑)だった私。
その反動が一気に大解放されたのがこのシーンでした。

2.ザンキさん初見の印象
*14話「喰らう童子」にて
一見穏やかな病院内のシーンですが、
彼が発しているただならぬ凄み(爆)に私は恐れを感じました。
実は私が昔から苦手な雰囲気なんです。シャレの通じない体育教師みたいで。(なんだそれ(^^;)
しかしですね、イヤよイヤよもなんとやらで(笑)、
今では彼中心に私の「響鬼」は回っています。(ある意味オトナになったのかな、私;;)

3.ザンキさんお気に入りの仕草 or 表情
*16話「轟く鬼」にて
ミスっちゃったトドロキくんの言い訳を車内で聞いてあげている時の表情、好きです。
ここで見せてくれたものが、これから後に私が〝いいなぁ〟と思う彼の表情に繋がっています。
しかし何といっても、時折見せるあの眉根と目頭の距離感がたまりません(爆)


のほっさま
1.ザンキさんにコロリといったキッカケ
ご多分に漏れず、「鬼だよ…」ですね。
で、更に追い討ちをかけてくれたのが、裁鬼お助けシーンでの砂利場。
鬼変身前に、童子たちと間合いとってたでしょ。
あの、背中まで張り詰めた緊張感あふるる演技にやられました。

2.ザンキさん初見の印象
実のところ、14話見てないです。アウッ
しかも録画も忘れていたと言う、お馬鹿っぷり。
点滴アドバイスシーンを見たくて購入したHERO CLUBには収録されておらず茫然自失ですよ。トホホ
って訳で、初見の印象は単に「眉が細っ!おちょぼ口!でも膚の綺麗なにぃちゃんだなぁ」
と、外見にばかり目が行ってました。

3.ザンキさんお気に入りの仕草 or 表情
これまたご多分に漏れず、あの“眇めた目”ですかね。
兎に角、目の演技が好きなんです。
口許に手をやる仕草も、大変セクシーですね。
(斬鬼さんってより、松田さん賛歌になっちゃいますね。すんません)
鬼としても、斬鬼さんのデザインが1番好きです。あの渋い配色がたまりません。
膝の痛みに耐えかね、思わず足をついてしまうシーン、
ギリギリのところに立って闘う男の壮絶さが感じられて良いですねぇ。


■ ロッテさま篇
1.ザンキさんにコロリといったキッカケ
ズバリ「鬼だよ」の声!寝ぼけ眼で見ていた私ですが、一気に目が覚めたのを覚えています。
なにこのステキボイス。

2.ザンキさん初見の印象
ギターを担いで走る渋い人・・・強そうだなーと普通に思いました。
あとは眉毛超整えてるな、と・・・w
そのあとの声にやられ、録画していなかったことを猛烈に後悔しました。

3.ザンキさんお気に入りの仕草 or 表情
一番きゅんっときたのは(笑)、たちばなで少年に再会し、
「キミとは何か縁があるね」と笑いかける表情です。
ザンキさんがこんなに優しく微笑んで・・・っ
何この感情。恋?恋かな??と思春期の女子のように悶々としました。
ザンキさんと少年のぎこちない(?)会話が好きなので、
これから二人のからみがあるといいなーと勝手に期待してます。


■ アリクイさま篇
1.ザンキさんにコロリといったキッカケ
もちろん「鬼だよ」
あの尾てい骨直下型美声に痺れました。

2.ザンキさん初見の印象
じつは新キャラが松田賢二さんと知った時「どんな人だろう?」と公式を見に行き
ワインレッドの心なTOP写真に「ビジュアル系の…方…?」←他意はないっす
とそのままUターンした過去を持っています。

病院のシーンはザンキさんとは思わず
「く…組の方…?」朝の子供向け番組とは思えぬオーラといい
少年にかけた声といいなんとなくただならぬ予感はしていましたが
ここまではまるとは…

3.ザンキさんお気に入りの仕草 or 表情
たちばなから帰る時に明日夢くんからお客さんみたいな送り方をされて
一瞬びっくり→おやじさんとヒナカを観てなんとなく事情を察し
→ちょっと戸惑いつつ少年に暖かく挨拶をして出て行く
という流れを顔のわずかな表情だけで演じたところ(はぁ~息がきれる)。
もしかしたらプロの役者さんとしては当然?なレベルでご本人は演技が上手いと褒められて
びっくり&照れていらっしゃるかもしれませんがあの枠の標準記録を軽々クリアーしてますよね。爆


------------------------

素晴らしいお答えばかりで血中ザンキ濃度(何)かなり上昇いたしました。
みなさまの渇きも癒されていることを願うばかりです。
こうして読ませていただくと、ヒキ気味のところから始まりぐっと鷲掴み!
という傾向が多くみられるご様子。さすが師匠。恐るべき吸引力でございます。
ご参加本当にありがとうございました。

引き続き参加してくださる方募集中でございます。
よろしかったらコメント欄にてぜひv
いまTVで流れたロボット戦闘モノのゲームCMで、
斬鬼&轟鬼の戦闘シーンで使用されるBGMがかかりましたが
「響鬼」のオリジナル曲じゃないのですか…うんー?
タイトルから察するに本日は、とうとうヒビキがライダーになるよ!
でっかいバイクに乗るよ!!もう看板に偽りありなんて言わせないよ!!
そんな回。メインはヒビキの乗るワルキューレ・ルーン“凱火”でした。
――嘘。違いますよね。
今回のメインは裁鬼さんのピンチをアヒル声になりながら救った
名サポーターイシワリくんですよね。前回ヤマアラシ戦では成すすべなかった
イシワリくんも度重なる裁鬼さんの救出にどんどん慣れているご様子。泣けます…

[More...]

田中有紀美さんのDiaryに山形OPEN記念イベントフォトFUNGO
今月2日に行われた5coines cinemaOPEN記念イベントの写真が
「KAZUMA≒AMUZAK」に出演された田中美有紀さんのDiaryにアップされました。
退場前の様子をみることができます。松田さん、こうやって2度ほどスクリーンの上を見ましたが、
特に変わったところはみられなかったのでなにをご覧になってるのか不思議でした。(笑)


「メシア-伝えられし者たち-」トークショー・フォト清水あすかさん公式site
映画「メシア―伝えられし者たち―」で共演した清水あすかさん公式site
「Photo Gallery」で松田賢二さんが参加したトークショーの写真が紹介されています。
清水あすかさんの風龍院心拳紹介ページもありカッコいい…!公式siteです。


キシクモ本日紹介したイベントどちらでも帽子着用の松田さん。
私服では帽子着用率高めでいらっしゃいますか。よくお似合いです。
■トイザらス限定「RHH EX 斬鬼&セイジガエル」7月23日発売
以前お伝えした斬鬼さん限定フィギュア23日10時より発売開始。
トイザらス.com 商品注文ページ 23日10時より受注受付開始
2,290円 バンダイ

店頭売りもあるはずですがこちらは要問合せ?みなさまの善戦を祈ります。
いろいろ更新したいことはあれど今日のところはこれにて就寝。
アリクイさん、コメントありがとうございますvお返事前に就寝ですいませんー。

――現在23日10:05。ヒビキ関連ページ全体が落ちてる模様。
す、すごいですね。みなさま、ゲッツできましたでしょうか。
――現在10:15。ページ復活。「オンライン販売終了」の文字。
わたくしは参戦せずでしたがみなさまお疲れさまでした。
斬鬼人気ももちろんですがライダー関係はやっぱり熱いなー。

松田賢二さん初主演作「隠忍術 しのび」。
ファンからDVD化を切望される今作が「アメリカとカナダでDVD発売中」という衝撃の事実。
(情報:谷垣健治監督公式Web

▼本家Amazon商品紹介ページ

Shinobi Vol 1:Law of Shinobi

Shinobi - Runaway (Vol. 2)

Shinobi - Hidden Techniques (Vol. 3)

Shinobi:Way Out


あ、あいあむジャパニーズ…(落涙)

1と2の谷垣監督が「ブレイド2」のアクション監督をなさっている関係か、
あちらの国でDVD化されていました。
アメリカ、リージョナルコードが違うジャマイデスカ。(落ち着いて)
観れない。観れないんですよアメリカ産じゃ…っ(お、落ち着いて)
ですがDVDジャケはいい感じです。鋭い眼光に倒れそうです。
谷垣監督のお力で何とかDVD化できないものでしょうか。ここ日本で。日本で…

――しかし考えてみれば初主演作がアメリカ・カナダでDVD化って
素晴らしいことですよね。たしかその2ヵ国は「VERSUS」人気が高い国。
松田さん効果があってのことかもしれません。そうか…そうなのか。すごいな!
そんなファン魂で立ち直ってみる。そんなことも時には必要。きっとねきっと。
※これを書いたあと監督のページを読みましたら「KSSのオリジナルビデオとしては
はじめて海外で売れ、このあと3と4まで作られた」との記載がありました。
谷垣監督作・松田賢二さん主演「飛龍紅雲山」の公開が待たれます。

[More...]

~ザンキさん不在の夏を自給自足で補おう~
としましてザンキさんに関する3つのお題に答えていこうと思います。
とてもファンっぽいですね!(笑)しかし反芻することで補えることも多いはず。
俺の占いは…(ライダー違い)。第一回となる本日のお題はこちら。

1.ザンキさんにコロリといったキッカケ
十五之巻。「鬼だよ…」はもちろんですが、お声のよさとアフレコの上手さ。
戦闘シーンのアフレコがあれほど素晴らしい役者さんにはコローリイチコロです。
たいへんなインパクトでございました。


2.ザンキさん初見の印象
十四之巻。こ、これがあのネタキャラザンキさん!?
階段から下りてくるシーンから少年と対面。落ち着いた演技からも
にじみ出る凄みになにが始まったのかとチャンネルを確かめそうに。(笑)


3.ザンキさんお気に入りの仕草 or 表情
二十之巻。自ら頬をたたいて気合を入れるのが一番と言い放つトドロキに
驚いたヒビキさんへ『こういう奴なんだよ』と、表情だけで語るあのシーン。
その直前の頬を叩こうとするトドロキを微笑みながら見守る表情とあわせて、
コイツのことならなんでも分かってる的雰囲気がすご過ぎます。
ヒビキさんもそこつっこまないと。(違)表情による演技に唸ったシーンでした。



――こんな感じでいかがでしょうか。
アリクイさんからの挑戦状(ありがとうございますv)を見て
思いつきで始めましたが、考えている間思った以上に楽しかったです。
わたし一人では渇きが癒されません。コメント欄にてみなさまのご参加をお待ちしています。
ギブミー師匠。みんなで想えばプールサイドにザンキさんが見えるはず。(コワイです)

どうぞよしなにーv


2005年7月20日「RANBU 艶舞剣士」DVD発売
2004年11月6日公開 渋谷シネ・ラ・セット 配給:フェイスフル T86
脚本・監督:雑賀俊郎 プロデューサー:徳永裕明 撮影:遠藤政史
出演:小向美奈子/ 桜井真由美/ 立花彩野/ 市瀬秀和/ 柴田明良/ 松田賢二/ 小木茂光
DVDを見かけないと思っていたら未発売だった「RANBU」。
松田賢二さんは片目の死神役でご出演。アクション時代劇でございますよみなさま!
作品情報:RANBU 艶舞剣士(fimovie.com)


■トイザらス限定「RHH EX 斬鬼&セイジガエル」7月23日発売予定
とうとう発売されるザンキさんフィギュア&セイジガエル起動前Ver.
23日に発売日が決まったとのことでしたが、トイザらスwebでは情報なし。
ご確認の上GO。 一応トイザらス.com


明け方から長時間FC2ブログが落ちてデータ消失の恐怖に慄いた日曜日。
放送前に書いた今更感漂いまくりの記事は無理やり昨日分で上げてみる。
今週は物語として完成されていてツッコミようなくたのしみました。
後味よくてオモシロイ。上手くまとまっていたと思います。

ヒビキさんに大人の余裕が戻っていましたが、
やはり戦いの中に身をおかないとこの人はこうならないのかもしれない。
初期の天性のファイター(逆にいうとそれ以外は…略)といった雰囲気で
それはそれでうれしい。特別遊撃班なんて、似合わないよヒビキさん。
どこをどうみても魔化魍との戦い楽しんでますしね。だな…。

トドロキ対カスミのかみ合いきってない会話も面白かったですが、
香須実姉さん的にはトドロキみたいな義弟ができることに
特別思うことはないのだろうか。私はちょっといやだ夏は特に。(笑)

大体、ザンキさんの使っていた緑のバチ(無駄に強調)に
飲んでたお茶かけてトドロキ!視野を広くもてとあれほどザンキさんが…!!
ちっとも聞いちゃいない師匠泣かせは相変わらず。
「そんなところもお前らしさではあるんだがな」
ザンキさんならそういって甘やかしそうですが――
キー!わたし達なんて何週間もお姿すら拝見してないっていうのに。
ちょっとそこにお座りなさいトドロキ!(←血中ザンキ濃度不足中)

知的シューターも素敵だけど、打撃型ライダーのほうが合う気がしていた
威吹鬼SA押川さん。今週はとうとう太鼓の達人に挑戦。(笑)強い強い。
さすが宗家。なんでも器用にこなします。
やたらかわいいドロタボウ怪童子と轟鬼の戦いも動きが新鮮でよかったし、
なんといっても響鬼さんが!カッコよすぎました…
紅になった途端、赤唐辛子みたいな質感になってたのはこの際みなかったことに。
辛そうだー(違います)

やっぱりライダーの共闘っていいです。
特に今年は肉弾戦の似合うデザインだからこれからも度々みせて欲しい。
後半話は毎回これくらいスーツ祭りでもいいです。制作のひと。

来週はシゲキさん全身水着祭り。(ごめんなさいごめんなさい)
黒のブーメランでいらっしゃいといったでしょう。
いまから家に取りに帰りなさい。(こんな体育の先生イヤです)
うちの齢10歳になるオス猫が、最近よく近所ののらとケンカして怪我をしてくる。
10日前にも怪我をしてそのストレスからガリガリにやせたというのに、
少し元気になったらまた喧嘩してさらにひどいケガをしてきた。
※この記事のカテゴリは「響鬼」です。

病院に連れていき若いオスとの政権交代の時期なのだと聞く。
うちの猫は近所でそれなりに強いオスだったらしく、その分いまケガが絶えない。
「けんかして痛い思いして病院でまた痛い思いして。かわいそうですけどね…」
うちの猫が政権交代を受け入れるまで、しばらく怪我が続くでしょうと
獣医さんの言葉を聞きながら、診察台で小さくまるまった猫をみていると
さまざまな感情がわき上がる。

わいた感情、そのなかのひとつにトドロキのヒビキへの態度が連想された。
あの妙に頑なで従うことそのものを拒んでいるような。
たとえ現役を退いていても、自分が心から従うのはただ一人なんですと
全身で訴えているような。
トドロキにはやはりどうにもならない現実を前に、若くして現役を退いた師匠
斬鬼と並び称された響鬼に対して、単純ならざる思いがあるのではないか。
頭で理解していてもすぐには受け入れがたく、しかし自分ではどうすることも
できない事実を前に、そう思えてしかたがなかった。
それはヒビキの姿を借りた“師匠がどれほど努力しても手にすることの
できなかった圧倒的な力”に対する思いなのかもしれないけれど。

がんばれトドゾウ。


そしてヒビキさん。
初見ではよくある年長者的ふる舞いに眩暈を覚えたものの
くり返し見るうちそうではない先輩としての姿が見えてくる。
相手を信用すること。
この基本姿勢ができているヒビキさんは指導者としてなかなかではないかと思う。
番組後半は対トドロキがおもしろそうだ。

ザンキさんは少年担当にスイッチでOKです。(どうしても出番を作って欲しいらしい)

[More...]

劇場版仮面ライダー響鬼公式サイトOPEN。
ネタバレがいやなので私はみてない(笑)ストーリーや、
なぜかTV版のトレーラーをそのまま使いまわしている予告篇など!
み、見所満載。いや、懐かしいからいいですけど…(笑)

公式ブログがあることに時の流れを感じました。
…そういえば、劇場版のPが白倉Pってことは武部プロデューサーも
ライダー担当にもどっているのでしょうか。
siteがOPENした途端そんなことが気になり始めた現金なわたしでした。
■「Rodeo Drive」 2003年 T95
監督・撮影・編集/ 加納周典 脚本/ いわみやすひろ 音楽/ 山崎哲也
出演 北村一輝/ 松重豊/ 佐伯太輔/ 松田賢二/ 中村優子/ 清水あき/ 須田真魚/ 中丸新将

そんな気はしていましたが、近場の書店全てでヒロビは未入荷でした。
時の流れを感じます…(しばらく買ってなかったんですね?たいらさん)
というわけで感想がかけないので!松田賢二さん出演作「Rodeo Drive」の感想を。
もうね、途中でみるの放棄しようかと思いました。

あんまり笑いすぎて。

なんてバカ映画!(褒めてます)
主人公ミノルがヤクザの娘カナの足にかかった物をさして
「これは…なんですか?」
ちからなく聞いた瞬間スイッチが入り、その後は誰がなにゆっても大爆笑でした。
恐ろしや…

▽あらすじ
興信所に勤めるミノル(佐伯太輔)は家出したヤクザの娘カナ(中村優子)の
行方捜しを依頼される。金なし仕事なし、あるのはヒマだけの押しかけ
用心棒ハラダ(松田賢二)とカナの行方をあっさり見つけるが、
ハラダがカナを気絶させたことから事態は妙な方向へ転がり始め…
ハラダのチンピラ仲間で「性欲と排泄だけが大切な」ジャンキーのケン(北村一輝)、
ハラダとケンを追うマチ金のトミー(松重豊)などが絡み事態をますます複雑にしていく――

つづきの感想はMore...へ

[More...]

昨日のblog記事でプチもり上がりをみせていましたヒーローヴィジョン。(笑)
早売りをゲットしたアリクイさんからの情報により、

「トウキさんの美しいアップがカラー1Pにて紹介」

されていることがわかりましたでございます。
トウキさまの美しい(←2度目)ご尊顔を拝すため、
明日は2000円握りしめて本屋に走ろうと思います。感想はまた後日。
アリクイさんありがとうございましたーv
※ちなみに茂樹さんは2Pなんだそうで。コストパフォーマンス1P=千円。
ゆるして…くださいますでしょうか茂樹さんファンのみなさまは。
ひさしぶりの響鬼関連情報更新。

「仮面ライダー響鬼」写真集付きCD発売 (OngakuDB.com)

年に一度のイメージソング発売の季節がやってきました!(笑顔でウソをつくな)
いやすいません。ブランク長くて例年がどうだったのかわかりません。
とりあえず龍騎の時にはいろんな意味で凄かったということと、
「ライダーの主演は歌わない」というのが新しきとーえーの伝統なのかと
思っていましたのに、一番なさそうなヒビキさんの本人独唱キャラソングがでるという謎。
というよりミラクル?9月7日を心して待て。→えーべくす予約ページ
(予想通りとはいえザンキさんver.がなかったので拗ねモードで少々投げやり)

・・・そういえば、イメージソングが発売されちゃう☆ってことは、
スパライではご本人さま達のスペシャルライヴが観られたりするのでしょうか。
なんかすごい。いや、それよりも細川さんがスパライってのがそもそもすごいですね。
いまのままだとたいへん浮いた感じですmark_011.gifって鬼が笑いますよ!(本当に)


細川さんといえば14日発売の「HERO VISON Vol.19」に掲載されるそうですが、
普通(の値段)の雑誌で表紙&グラビア&インタビューとかをこなしてしまう
茂樹さんファンの方に、わたくし達ですらドン引き(私だけ?)のヒロビが
どう受け止められるか、老婆心ながらとても心配です。

特撮系雑誌のなかでもこの雑誌は特別高いうえに内容もちょっと特殊です。

…まぁ、細川さんにかぎってそんな無体な要求はされないと思うので
内容に関しては心配イラナイと思うのですが、松田さんはどうなのかしら。
それともメインはマジレンだろうから案外普通の写真だったりするのかしら。
と、心配(というより妄想の域かも)はつきないのでした。
発売日には喜び勇んで買うんですけれど。


050702-001.jpg


続いては「KAZUMA≒AMUZAK」チーム。
カズマの奥様役の田中有紀美さんから挨拶がスタート。
非常におっとりした話し方をされる女性でしたが、
唐橋さんに鋭いつっこみを入れる場面もあり(というより唐橋さんの
ボケ倒しにつっこめるのは彼女だけでした)しっかりモノの一面も。

フィリピンで2週間かけて撮影された「KAZUMA≒AMUZAK」。
生活習慣の違いから慣れるまでは驚きの連続だったそうです。
2回目にまわってきた最後のコメントでは
「自分、山崎さん、唐橋さんとまったく性格の違う3人」ということを
「アメでいえばぜんぜん味の違う」と表現されていたのが印象的でした。
「撮影の合間もかみ合ってるのかかみ合ってないのか、
それすらもよく解らない会話を繰り広げながら一生懸命つくった作品を
楽しんでください」と締めくくられていました。

つづく山崎潤さん。
白いシャツとシックなダークスーツに身を包みアゴにはひげを生やしていた
この日の山崎さん。最後のお仕事ということでしたが、とても落ち着いたご様子でした。
「本日はご来場ありがとうございます。通常より安く上映される作品ですが、
ここに並んでいるみんなが情熱をかけて撮影したものですので、
むしろ普通の映画以上に価値がある作品かと思います。
最後まで楽しんでいってください」

さいごの挨拶では今回の作品で俳優業を離れることについてコメント。
「最後ということですが作品にかける思いは?」との質問に、
「どの作品も全力であたってきたので、最後ということに対しては
特別な思いはない」と淡々と語られていました。
「元々ネットシネマとしてつくられた作品が、最後にこうして
大きなスクリーンで上映されるということで、いままでがんばってきたことが
報われたような。最後にみなさんへ感謝したい気持ちでいっぱいです」
ゆっくりと一つ一つの言葉をかみ締めるように話された後、ふかぶかと頭を下げた山崎さん。
会場からの惜しみない拍手に顔を上げてすこし目が潤んでいらっしゃるのを
見た時には胸にこみ上げるものがありました。

どなたに聞いても「とてもしっかりしていてどんな状況でも
大人の対応ができる方」と、誰一人悪い話をする人のいなかった山崎さん。
そんな山崎さんにふさわしい落ち着きのある心のこもったご挨拶だったと思います。

最後は唐橋さんと井出監督ですが、
意識が山崎さんにもっていかれていたので何を話されていたのか
ほとんど…す、すいません。
唯一覚えているのは作品のみどころを聞かれた監督が
「日本とは段違いの火薬量を見て欲しい」と。
(外国なので日本の5倍くらい火薬が使われているそうです)
それから唐橋さんが非常にレポしづらい方だったということは
はっきり覚えているのですが。
そうです。いまピンと来た方はお友達ということで(何)
前任の蛇ライダー演者とよく似た属性をしていらっしゃいました。
あっちにこっちにと話が行ったり来たしているうちにオチなく終わるみたいな。
笑っているうちに話が流れてしまってレポがし辛いのでございますよね。(笑)
しかし唐橋さんのトークは行き当りバッタリではありませんでした。
時々はオチもついていましたし(失礼な!)そこは違っていました。
でもあっちにフラ×2こっちに…(笑)愛すべき方です。

そんななかでも覚えているのは「山形出身の唐橋充です」と、
思いきったウソから挨拶がスタートしたことと(ツッコミがなかったので
ご自分で「福島出身」とすぐに訂正していらっしゃいました。笑)
アクションの話を要求されて、「…違う話でも良いですか」と
キッパリ断っていたこと。したい話とふられた話が違ったようですが、
事前に打ち合わせはすんでいたハズなのにと思うと大爆笑でした。
しかもオチなかった。(笑)


そんな個性的なキャスト・監督が情熱を傾けてつくり出した「KAZUMA≒AMUZAK」。
ネタバレしないでストーリーを語る自信がないので割合させていただきますが、
本当に熱のこもった一瞬一瞬でさまざまな輝きをみせる作品だと思いました。
DVDでの発売も決まっているそうです。
…リンク先では「代表:唐橋充」となっていてそんなところにさえ“らしさ”を
感じてしまう唐橋さんでした。(いや単なる間違いですから)

この日の舞台挨拶では、松田さんはなるべく話をふることで
山崎さんをたて、唐橋さんはなにもせず見守ることで思いやり
山崎さんご本人はそんなお二人の気持ち穏やかに受けとめる――
そんな暖かいキモチの交流を感じました。
山崎さんのこれからが幸多きものになることを願わずにはいられません。


これにて「KAZUMA≒AMUZAK」チームのレポートを終了させていただきます。
ファンではない人間がなにもわからないまま書いているので、ご不快に感じる方が
いらっしゃったり、痒いところに手の届かないレポになっているかもしれませんが、
当日山崎さんから受けた印象を感じるまま正直に綴らせていただきました。

この後の上映会ではキャストのみなさんも客席からご覧になっていました。
その時の様子はいずれまた。

先週タイマー失敗したため初めて聞いた村田充さんのOP提供読み。
どういうわけかヒーロー声なので先週のEDを聞いてイブキさんと間違えたのも無理ないこと。
これも新鮮ですね。次があったらドロタボウ姫vrでお願いします。

「楽しい時を創るバンダイと・・ご覧のスポンサーの提供でお送りします。

ありがたいねぇぇ~~」(笑)


戦う夏にそなえて轟鬼をともない太鼓をたたいて鍛え直し中の響鬼さん。
カッコいい…腰が入っているというのはこれだよトドロキくん。(←偉そう)
前回はヒビキさんメインでしたが、今回は響鬼さんメインの太鼓シーン。
30分これでもいいですと本気で思うくらい素敵でした。(響鬼さんが倒れます)

弦の自分がいまさら太鼓を習うことに納得のいかないトドロキは、
練習に身が入らず食べることばかり6人前。
トドロキにメシをかっくらわれまくっていた飯田さんトコのサトシさんは、
金色のザリガニをつくって龍騎:真司くんを振り回していたおじいさんですか。
人にウソをつくとモンスターに食べられた上にこんな目にも合うという。
さすが教育番組。

ならば言おう。
トドロキ。口の中に物がたくさん入っているうちに次のご飯をつめ込むんじゃありません。
それにしても、最近後輩鬼といっしょにいるヒビキさんをみると切ない気分になります…。

野をかける軽快な白バージョンの謎の男。
そして待ってたよ!姫&童子。
牛乳から造れているだけあって(違)素直でかわいかったです。
た、田んぼに人を!!バチがあたりますよ!とか怒った次回予告でしたが、
公式を見ると撮影用に植えた苗だったみたいですね。それはそうか。
時々ミョーに育っていたのが微笑ましかったです。

「めずしいですね、わたしの携帯に直接なんて」
ヒナカチャン…涙。
不自然に思うほどやたら鬼からの直接電話をうける日菜花嬢だといいますのに。
たまにかかってきたと思えば切々と
そろそろザンキさんのところに帰りたいんス」とか
訴えられても困りますよね。(私にはそう聞えました←ウソ)
しかしこの弟子を立派に育て上げたザンキさんは、やはりサポーターより
トレーナーになったほうが世のため人のため鬼のためだった気がする。

今回は夏の大感謝祭「ヒビキさん生身アクション大放出!」でした。
ドロタボウ怪童子とガッツリ組んでも、普通にヒビキさんが押してるように
見えるところが相変わらずすごい。(笑)
雨降ったりやんだりしてましたけど(ガンバレー)そんなコトどうでもいいくらい
力強かったです。うん。でも正直、降ったりやんだりはどうでもいいから
放送事故だけは気をつけてね!もう快晴から次でどしゃ降りとかでもかまいませんから。
どれくらい遅れてるのかな…スリリングだ。

次回予告もドロタボウの童子が出るので嬉しいなv
ちらっと見えた青い鬼は弾鬼さんですか?来週は太鼓鬼祭り。
(※ひっきーさんよりあれは威吹鬼さんとのご指摘。ありがとうございます~)
とうとう不協和音でない音撃シーンが見られるのか。
来週も明日夢君のサービスショットはあるのか(よく着替える子ですよ)、
太鼓たたいていたシゲキさんでもイトーさんでもない謎のオトコは誰なのか。
(それとも暑くて髪バッサリいった伊藤さんなの?)すべては次週ということで!

わたしはもうザンキさんが使っていた緑のバチがでてくるだけで満足です。
あの声でイナセに太鼓の特訓をしていた若かりし斬鬼さんが
一瞬で映像補完されました。くーしびれる。


山形レポの途中ですが、松田さんの情報があるので先にご紹介。


「剣-TSURUGI-」予告編 featuring 松田賢二
楽映舎web site「MOVIE」に「剣」松田賢二さんVer.予告篇がUP。
7/22には松田賢二さんの呼び出しインタビュー(動画)も配信予定。
素敵過ぎるソードアクションに言葉もありません。
情報:「剣」公式Blogさま お知らせありがとうございました。


■本日配信のテレビ朝日響鬼メルマガ「週刊猛士電信」にトウキさんフォト
通称「タケデン」。第24号の担当は持田ひとみ役の森 絵梨佳嬢。
ザンキさんの声にメロメロだというもっちーがザンキさんと撮った2ショットをUP。
開いてみたらトウキさんじゃないのもっちー!(笑)とか細かいツッコミはなしにして
これからも愛のおすそ分けをお待ちしています。毎回だってだいじょうぶですよ?(笑顔)
メルマガの登録はこちらからも⇒テレビ朝日「仮面ライダー響鬼」公式HP


テレ朝響鬼公式・猛士通信に「劇場版撮影現場潜入ルポ」
カテゴリが「松田賢二」じゃないのは重々承知していますが分けるのも面倒なので
もうここで!どうもすいません。…すいませんといえば、今回の2ショ掲載はエキストラ・ロケを
盛り上げた功労者たるトウキさんの写真が、ここに一枚もないことに対するお詫び?(違)
本当になぜないの。トウキさんが目薬さしてる間にでも撮ったのスタッフー!?(笑)
――と、昨晩怒っていたら続報がアップされててそこにはトウキさんがたっぷりと!
ワーイワーイ(お気に入り。ロッテさんすいません)そして、TV出演者編と映画ゲスト編に
分かれてアップされていることをまちるださんからのマル秘コメントで知りました。納得。


■同じくテレ朝響鬼公式・猛士通信で劇場版響鬼前売り情報なども
なかなか詳細にアップされていますが、今年は劇場版の公式siteはこのまま作らない?
ちょっとさびしいですね。


東映BB「劇場版仮面ライダー響鬼 響鬼と7人の戦鬼たち」製作発表動画無料配信中
いまさらながら未紹介でしたので、ここでリンク。
このニュースに関してはカテゴリはこのままであっていますね。
この映像のトウキさんは素晴らしすぎますもの。(意味不明)


■「TV LIFE 7/9⇒7/22号」で待望のリレーコラム〈鬼たちの挽歌〉始まる
川口真五さんと松田賢二さんのリレーコラム。今号は初回スペシャルでふたりの対談。
川口さんに対して兄貴な感じだった松田さんがたまらなかった今回の「鬼たちの挽歌」。
もうすでに2週間先が待ちきれません…。


■松田賢二さんファンサイト「One After Another」(管理人:honeyさま)で特別企画
「もうすぐ3周年企画」としてリクエスト・アンケートを募集されています。
賢二さんファンはGO!


個々の感想はまた今度ということでひとまずアップします。
wan.red.gif 5coins cinemaオープン記念イベント
7月2日(土)山形市七日町セブンプラザ5F-cinema e'ta
出演:松田賢二/ 村井美樹/ 田中有紀美/ 山崎潤/ 唐橋充/ 加納周典監督/ 井手良英監督

5coinscinema.jpg

ライヴドアの関連会社「ブロードバンドピクチャーズ」が全国に先駆け
山形「cinema e'ta」を1号館として5コイン(500円)で映画を上映する「5coins cinema」。
「おまえが嫌いだ」「KAZUMA≒AMUZAK」の上映を記念したオープニングイベントに
松田賢二さんがゲスト出演されるということで、山形七日町まで出かけてまいりました。

会場となる「cinema e'ta」は総数80席のあまり大きくない映画館。
(あともうひとつスクリーンがあってそちらはもっと大きいそうです)
座席数が少ないことから混乱を心配する声も多くありましたが、
前日からの雨が嘘のように晴れわたったこの日の天気そのままの
晴れやかであたたかい雰囲気のイベントになりました。

7/2に書いたとおり舞台での並びはこんな感じ。

加納監督、松田さん、村井さん、田中さん、山崎さん、唐橋さん、井手監督

両監督が作品のことを語り最初と最後を締める一方、
松田さんと唐橋さんが主に和み担当と笑わせ担当。
真ん中の女性二人がそれぞれの相手役をしっかりフォローして、
山崎さんが落ち着いた雰囲気でコメントを述べる。
密に接して作品を作ってこられただけあって、25分という短い時間ながら、
両作品とも監督・キャスト間の良質な人間関係が伺えるステキな舞台挨拶でした。

以下は主観にまみれた当日のレポート。
客観性に欠けた文章なうえ「おまえが嫌いだ」チーム中心です。
申し訳ない。
長くなったので「KAZUMA」チームはまた別に書かせていただきます。


「500円で映画を上映するという、歴史が変わっていくかも
しれない時に作品を世に出すことが出来て光栄です」

シブい雰囲気で話される加納監督から舞台挨拶がスタート。
当初聞いていた関係者のご挨拶はありませんでした。

「ハイ。こんにちはぁー松田賢二です」
司会者のコールに間髪いれずに挨拶を始めたものの、
最初の返事以降はゆっくりした口調の松田賢二さん。
「……えーと、… … …あぁッ」
言葉がつづかず小さく叫んだあと、咳払いひとつ声を張って
「山形県とかけてぇ~5coins cinemaと、とくぅー」

大喜り!?

会場が騒然とする中、「そのこころは?」
すぐにノッた加納監督にお付き合いの長さを感じましたが、
「・・・あと、山崎さんおねがいします
山崎さんにオチ丸投げの松田さん。(笑)
困り笑いを浮かべた山崎さんが、ポツリともらした
「初対面なのに(笑)」というつぶやきを聞いてさらに爆笑。

知 り 合 い じ ゃ な か っ た 。 (笑)

山崎さんの呟きには松田さんご本人も笑っていらっしゃいました。
賢二さん、いわゆる『無茶フリ』ですよね…(爆笑)

その後もコメントに苦しむ松田さん。
「えーと、あのー・・・よろしくお願いしま
(思い出したように)あ。本日はありがとうございます。
今日は遠方から来た・・いらっしゃった方もいらっしゃ・・・
いらっしゃった方もいらっしゃる?いらっしゃ……んんぅ~??」

尊敬語の使い方で自問自答の世界に突入していらっしゃいました。

「遠方からおいでになった方もいらっしゃるそうで」でしょうか。
もしくは「遠方からの方も多くいらっしゃるそうで」。
こちらの方がスッキリしていてオススメかもしれません松田さん。
(読んでいらっしゃいませんから)

最後は「きた?…きて?」完全にぐるぐるしていましたが、
「まぁ、そんな感じ」という加納監督の助け舟もあり、
ありがとうございます」とお礼を述べてあいさつ終了。

つづく安奈役の村井美樹さん。
ルックスは細くてかわいくて男を振りまわす安奈そのものですが、
話し始めるとよく気がついてしっかりした印象の村井さん。
2回あったコメントの両方とも、ぐるぐるになってしまって
あまり話せなかった松田さんのファンのため(たぶん)
松田さんに絡めたエピソードを話してくれました。

「こんにちは。村井未樹です。
『おまえが嫌いだ』で安奈役をやらせていただきました。
・・・いま、松田さんすごい人気あがっていらっしゃるんですけれど、
普段はこんなぼんやりされた方で(笑)、でも役を演じると全然違っていて
すごくギャップが激しいところが役者として素晴らしいなと思うんですが。
一緒に仕事が出来てとてもすごい経験をさせていただきました」


村井さんが「~人気があがってる」とコメントした瞬間、
『!?』って感じで村井さんをふり向いた松田さんが(こっそり)可愛かったです。

安奈はおまえが嫌いだといわれるだけあって
とんでもない性格で役作りに苦労した、というコメントも
納得のおっとりとした感じのいいお嬢さんでした。

最後は、はにかみながら
「楽しんで・・きらっしゃい mark_011.gif
覚えたての山形弁でかわいらしくご挨拶。
難しい役を演じる機会を与えられたことを感謝していると話し、
演じることに対して真摯な姿勢を感じさせた村井さん。
これからもがんばって欲しいですv

作品の見所を聞かれた加納監督。
「この作品は初めてのラブストーリーで自分の恋愛感を描きました。
演じた松田賢二曰く、『幼稚で』 『アホな』男なんですが、十年来いっしょに
やっていて良いも悪いも全てわかっている松田賢二に、すべてを託しました。
相手の安奈は、男から見るとああいう何考えてるのかわからない女って、
腹が立ちながらも追っかけたくなるんですね。
村井未樹はそういう女から嫌われそうな女役を、迷いながらも必死に演じてくれて。
松田賢二もいっしょにやっていてこんなに悩んだことはないなというくらい
苦しみながら演じてくれたその答えが画面にでているので、
そんな素敵な二人を観てください」


作品、キャストへの愛を感じさせる加納監督のコメント。
松田さんは隣で静かに頷きながら聞いていました。
そんな監督との15年になるというお付き合いを聞かれた賢二さん。
「今回ご出演されていかがでしたか?」に、監督と顔を見合わせて
「うぅ~~~ん…」そろって息の合ったため息ひとつ。(笑)

「今回の郡司役は加納監督がモデルということで・・・
(ここで加納監督が「あんなにカッコよくないよ(笑)」とコメント)
・・・アカン。なんも浮かばへんわ~(ため息)」


こまって天を仰ぐ松田さん。
思わず「がんばって」と声をかけると、パッと身を起こして「ハイ!」と
返事してくださって恐縮しました。返ってすいません…。
その後かなりがんばってくださいましたが結局言葉は見つからず、
窮地にたった松田さんは伝家の宝刀
「あと、山崎さんおねがいします」を抜いていました。(笑)
申し訳なさそうにしていらっしゃいましたけど、
ファンは関西弁が聞けただけで嬉しかったりしますから。
ため息混じりですごい美声でございました。

(おま嫌チームでは)最後となる村井さんが、
撮影中の印象深いエピソードとして『ロケ最終日に子役のなっちゃん号泣話』を披露。
水を抜いたダムという珍しいロケ地で立ってるだけで楽しかったそうですが、
なっちゃんに特に嫌われた松田さんは、抱くとそっくり返って
「はなせーーー!!!泣」と、大泣きされて大変だったそうです。
泣きすぎで死んじゃうんじゃないかと心配になるくらいだったと話す
村井さんに、おま嫌公式HPでこのエピソードを語る松田さんを思い出して静かに涙。
いやごめんなさい。大変だったろうなーとかなり笑ってしまいました!

賛否両論あった「おまえが嫌いだ」ですが、
あのラストを観た後もわたしとってはやっぱり好きな作品で、
それはたぶん暴力的な描写や乱暴な愛情表現のなかに垣間見える
加納監督のやさしさを感じるからだと思うんですが
(これを愛と呼ぶのかもしれません)、監督・キャストおふたりの
作品に対する思いに直接触れることができさらにその気持ちを強めました。

松田さん観たさに出かけた舞台挨拶で思わぬしあわせを味わうことができました。

わたし、やっぱりこの作品大好きです。

と、自分の気持ちを再確認したところでいったん区切らせていただきます。
blogにあるまじき長さというか、もとより文章を書く才能などミジンコほどもない
私ですが、イベント・レポは書くのに特に難儀します。
siteからお付き合いくださってる方はコイツってばまた仕上げられないのではと
ヤキモキされたことと思います。いつもどうもすいませんー。

以下つづく。
寝ておきて落ち着きました。
余計なことは考えず心の燃え(萌え?)に正直に、
あらためまして、響鬼二十一之巻。
あんな内容だったのにTBしてくださってありがとうございます。


くたびれ果てても、タイマーセットだけは忘れずに。(←危なかった)
そう思ってしっかり押したはずなのに、なぜかセットされていなかった今週の響鬼。
一応の目覚ましセットでなんとか目が覚めてよかったです。…

怪童子と妖姫も、数をそろえて頭を使えば鬼を苦しめることが出来ることが
判明したというか、轟鬼はやっぱりちょっとお馬鹿タンなのかもしれない。
師匠もきっとそんなところが心配なはず。(決めつけ)

先週に引き続いている少年パートは、演出が微妙すぎるのでコメントはパス。
龍騎の時もだったけど、巨匠の演出と病人の組み合わせは鬼門だと思う。

「チアのもっちー」と、どうしても強調してしまうやらしさ全開のヒビキさん。
そんなもっちーは、ヒビキさんを晴れ男っていうかトラブルメイカーに認定するのだった。
晴れ男の例えがいまひとつのみ込めないものの、まぁ主人公が
トラブルメイカーというのは少女漫画の基本ですから。(違)たくましく育ってね。

先週のDAシーンなしは今週に向けての大人の事情だったのか。
いつになく大量投入のDA。そっか。バンダイのDA専用CMが今日からOA。
洗濯物干したりしてる辺り大爆笑です。わかってるなー。(笑)

あきらがいなくても、イブキが格納シートをきれいに放射線状に
広げていたのはさすがでしたが、驚くべきはDAばら撒き常習犯のトドロキ。

き、キレイに整理整頓されてる…!!
ザンキさーーーーん!!!!!!(なぜか絶叫)

3人の共闘シーンは、威吹鬼@押川さんの動きがキレイでした。
押川さんはいつもキャラじゃない役をふられることが多い(気がする)
…せいか、スロースターターな印象がありますがそろそろトップギア?
キレがあって美しいアクションでした。

足場の悪い岩場でしたが三人三様のすばらしいアクションでしたね。
轟鬼の着地とジャンプもすごかったし久々の響鬼さんの回転が…(LOVE)

共鳴の仕方は冗談で書いたのと大差なくってちょっとびっくり。
先週「謎男の実験は思いつきに思える」と書いた時は、ヒビキさんが
作中で「思いつき」と言ってるのを聞いていませんでした。(なんでやねん)
その後、ヒビキさんの発言に気がついて『じゃあ、思いつきじゃないのか』と
逆に思ったりもしましたが、ヒビキさんの連係プレーは思いつき。
それじゃやっぱり謎男@実験君も思いつき?そうなの?(笑)

行き当りバッタリ同士の戦い。
それもどうなんだって気が・・・。


来週の予告ではひさびさに頭の弱い子系童子&姫が!!
田んぼは苗を植えるところであって人を投げ込んではいけません。
変身するととてつもなくブキミーvな感じがまたプリティ?

タイトルだけみるとまたもや祭りの予感ですが、響鬼さんの
太鼓シーンがあったので、すべて我慢できると思います。わーいv

山形

  • 2005.07
  • 02

Edit37

おはようございます。
明け方降り始めた雨もきれいに上がり、いいお天気になりました。

今日のイベントも晴れやかなモノになると嬉しいな。
…まだ、そんなに並んでないですよ。(こっそり)

--------------------------------------------------------

ただいま帰りました。さすがに疲れました…
うーん。何から書いたらいいのか。
舞台上での並びは向かって左からこんな感じでしたが、

加納監督、松田さん、村井さん、田中さん、山崎さん、唐橋さん、井手監督
主に      ココ↑                       ココ↑

の方が大変なことに。(笑)
噂には聞いていましたが、百聞は一見にしかず。
おふたりとも実際みた方が話の何倍もすごかったです。

レポはまた後日にー。
いまはとにかく眠いのです・・。

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。