ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2005年08月21日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年の冒頭ナレーションからザンキさんが消えた日。特別な意味はないよね?
チョト心配になったら最後に浴衣でご登場。えがった…。

冒頭から変身後シーン。しかも響鬼さん凱火に乗って登場。
か、仮面ライダーみたい!ステキーーー!!!!※響鬼さんはライダーです。
今週と次週の監督はJAE社長カネダ監督。
アクションシーンへの思い入れも気合いも一味違います。

「まず響鬼が(凱火で)バーン、ババーンと登場する画な。
それで天狗と威吹鬼。ガッとやって、ぐるんドーーン!
そこへ響鬼がハッといってハシッガーーー!!!!!!!!


そんな現場の様子が想像できました。(爆笑)
カネダ監督、いまでも撮影中に「バーン。ババーン!ババババーン!!」とか
効果音を叫んで、助監さん達に「監督、いまは音もシンクロ(録音)ですから」とか
言われてるのでしょうか。――いつまでもーそのーまーまーでーー♪
これまたいとおしいお方だ…。そんな金田監督の演出。
今はなき丸大CM・響鬼さんを思い起こさせるカッコ良さアクションでした!

金田演出でのアクションはとにかくキレがよくて展開が早く、
たくさんのアクターさんを一度に動かすことができるので見ごたえが違います。
短い時間でたくさん見せるのは30分の特撮番組では大事なこと。
響鬼のスーツアクションにいまひとつ不満を感じているあやたんも大満足?(名指しゴメン。笑)
あたかも「そこタメ。ここで~キメッ!」と叫ばれているかのような
響鬼さんの音撃もいい感じ。横からのボディーラインが美しかったです。

万引き少年の絶えぬ悪意に害された少年。
少年の沈んだ表情が、昨日固い表情で帰ってくるなりしくしく泣いてた
甥っ子に重なりました。男の子はこういう時なにも言わないから心配です。
郁子ママも心配ね。

しかし少年にはこれがヒビキさんと山にこもるキッカケに。
眠れなかったのか、バスの中でヒビキさんの肩で眠る少年が痛々しい。
それだけに黙って頭をなでたヒビキさんの気持ちが暖かく染みました。

変わってコチラは元祖絶えぬ悪意、大正ロマン@実験くん
だんすぃ~の方は実験命なのか…雰囲気でてるよみつぅ。完璧だよみつぅ。
ふたりともカッコウは大正ロマンなのにめっちゃ今風な雰囲気なのが、
無邪気に人を捕食していく姫・童子につながるコワさをかもし出しています。
(便宜上、役名が発表されるまで当blogは役者名でいこうとおもいます←何)

今度は傀儡を鎧化。そこから発生する魔化魍の強化を図ろうと、
寝ないで実験に励むみつぅを心配するやさしい星ちゃん。
しかし「今度は“私の”傀儡で試してよ」ニヤ~リ。
大切なのはみつぅだけ。コワ…。

星ちゃんの願いをうけて、初登場となる姫Ver.の黒傀儡@強化版。
つくり出したのはツチグモの姫・童子&魔化魍。
杖をトスッと地面に突き刺す様はかわいかったのに、
生まれでたヤツらは禍々しさ満点。
初回と比べて童子の肉体強化ぶりが目覚しい…鍛えてます!(違ッッ)

そんな彼らに初登場となる太鼓の鬼、鋭鬼さんが!!
かーいらしい声にステキやられっぷり。
河童に撃沈された裁鬼さんと同じ空気を感じますがもしや弟さんですか?(えー
肩とふとももが立派で腰がきゅっと細い鋭鬼のSAさんが誰なのか気になる。
(そんなとこばかり見てると思われますよ!)

そんな鋭鬼さんとツチグモの捜索に集まるチーム威吹鬼とチームザンキ
――違った、轟鬼。相変わらず総指揮官なザンキさん。ステキ!(一度は叫ぶ)

川原でトドロキ、スクワットの回では(なんて覚え方だ)
運転席に回った様子だったザンキさん。今週はトドロキの運転。…
もしかして交代で運転してるんですか。行きはトドゾウ、帰りは師匠みたいに。

「ザンキさんに運転なんてさせられないッス!」
「あのな、角に運転させる“と”がどこにいるんだよ」
「ダメッス。役割が変わっても師匠にそんなことさせられないッス!!」
「・・・(ため息)おまえな、俺を出来損ないの“と”にするつもりか」
「――!!!!!そ、そんなこと。(←涙声)でもダメッス。だめったらだめっス!!!」

とかいう会話を繰り返すこと数時間。交代にすることで落ち着いたとか?
な、仲良きことは美しいことかなー。ねー。(そう思うしか)
あきらちゃんとザンキさんの2ショットに燃えましたが、今回も絡みはなし。
残念です。

登場時はツンデレ(という言葉をあきらちゃんではじめて知りました)として
大人気だったあきらちゃん。明日夢・もっちーの高校生コンビと出会って
変えたかった自分を変えられるような気がした…って、いい子や…(感涙)
良いも悪いも影響を与えあって人は生きていくことを象徴したいいエピソードでした。
いまは様々な思いにぐちゃぐちゃになってる少年も、自分でも気づかないうちに
周りにいい影響を与えてる。

そんなあきらちゃんの胸には初お目見えとなる(たぶん)たけちペンダントが。
チーム猛士。なにげにマーチャンダイズに力入れてますよね…
吉野にはそういう部署もあるんですか。猛士販促部とか。
かわいいあきらちゃんだからこそギリで許される感じのこのデザイン。
猛士にはカワイコしかいないからいまひとつ鍛えの足らない販促部でした。


いろいろ書いてきましたが、今回の響鬼は予告でのヒビキさんの叫び。
「少年、走れ。走れーー!!」に尽きました。
はじめてヒビキさんと少年がこの場所で出逢ってから半年。
いろいろありましたね…徐々に磨かれた少年が一際輝く瞬間がどう訪れるのか。
ひさびさに純粋にストーリーが楽しみな29話。(ひさびさって…いやだって)
ひとつの区切りとなる重要な回になりそうです。まだ中盤なのに泣いたらどうしよう…
(初めてヒビキさんに頼もしさを感じてトキメいた台詞だったので、
予告の叫びだけでちょっとウルっときた自分勝手盛りあがり型のわたし)

以前出た松田さんの公式コメントを読むと、金田監督のアクション指導
もしくは演出をうけた風に感じましたが、もしかして来週のアクションシーンに
ザンキさんが居合わせる可能性もあるのかちら?と、薄く期待。
どんな時でもギブミーザンキの精神は忘れずに。←…

今週、27話で初めて動くザンキさんを見ることになる関西のお友達、
三澤嬢(誰)のザンキ感想が気になります。
初見でトドロキかわいいって濃すぎないかしら…(笑いで肩震わせながらも心配)


劇場版ご当地ライダーファイルはキラメキ篇。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・き、金八・・・?


※しばらく前から関西どっとコムとアメーバブログでは、
当FC2からのTB規制がありTBが出来ない状態です。
TBいただいたblogさまはLINK集に加えさせていただいていますが、
お返しがないのはそういった事情によるものです。寂しいです…

スポンサーサイト

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。