ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2005年09月18日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。(←結局寝てない)
昨日は誕生日だったのに相変わらず懲りない私です。みなさん、お元気ですかー!

ハジケきった小暮氏@布施さんが印象的だった響鬼三十二之巻。
全体的にエネルギッシュというか、進んでいくパワーを感じた回でした。

豆腐が飛んだ時点で「もうだめだ。修復不可能だ。せめて最初から
これならそれはそれでそれなりに楽しかっただろうに」とつぶやきましたが、
そもそも前半の「響鬼」は二十九之巻で最終回を迎え、三十之巻以降は
新しい「響鬼」が始まっているのですから修復という言葉自体不適切でした。

以下ちょっと乗り遅れ気味な現在の気持ち。

前半をつくったスタッフも降板が決まってから29話に向けて準備し、
できるかぎり後悔の少ないカタチで役割を終えたのでしょうから
交代したことについてもういう事はありません。それに29話を観るかぎり
案外さっぱりした気持ちで去っていったのではないかとさえ思います。
気持ちよく去っていったという意味ではないですよ。誤解のないよう…。

わたしのように「(人間の)悪意の少ない世界観」が好きだった視聴者は、
新キャラすべて一癖ある人物ばかりな新体制のこれからを不安に思いますが、
多く指摘されているように旧体制で物語の広がりに限界がきていたのも事実。
同体制でのそこからの変化こそを望んでいましたが、二十九之巻のくり上げ
最終回で、変化しないまま終わるひとつの完成形を観ることができたように思います。

元の脚本家が自身のblogで、すでに過ぎ去った他人事のように
響鬼を語っているのを見た時は一抹どころでなく寂しい気持ちになりましたが、
さっさと去るつもりのない私はタスキを受け取り変化させることを選択した人たちと
「響鬼」のこれからを見守っていきます。
いままで楽しんできたあなたやあなたの気持ちの整理がつくのを待ちながら。


早い段階でそう思えたのも井上さんが柔らかい人物を
描いてくれているからだと思います。御大にしては、だけど。(またか。笑)
ジャリ番を書くことにプライドを持つという御大の
プライドかけた戦い観させていただきますよ。初見はブーブーだった劇場版も
いますっかりハマッてるんですけどわたし一体どうしたんでしょうか?(知りません)

平成ライダーというより戦隊というかシャンゼリオンというか。
クセが強いので初見で拒絶反応起しそうになりますし、先が不安になりもしますが、
まるっと悪意にまみれた人物をいまのところ登場させていませんね。
うへぇ~イヤ。とか、鬱陶しいな~とは思うけど、ギスギスして耐えられないということはありません。
どこかに丸みというか悪い人間ではないというのが分かる人たちです。

それにはいままでの「響鬼」の世界とヒビキ像が大きく影響しているような。
そういう意味で、いくら別物とはいってもやはりこれは「響鬼」の物語だし、
魂は変わらず息づいていると思うのです。


さて、長々語りましたが三十二之巻感想です。
楽しそうだったですね、布施氏。
こうなってくると細かいツッコミは無粋かと思いますのでやめときますが、
おまえは魔化魍亜種かッ。(やっぱり一応つっこむ。笑)
いやいや貴方様は魔化魍亜種ですか。

ザンキさんはやっぱりトイレにいってました。(嘘ですごめんなさい)

あの『じゃあな』辺りで見せていた微笑は、ちょっと見ただけで人を決めつけて
ぶーたれてるトドロキに対して「気持ちは分からんでもないがおまえもまだまだだな」
という微笑みなんすかね。自分が小暮氏と会った頃を思い出して苦笑とか?
撮ったのは前なんでしょうが時期が時期だけに意味深な演出に思えますよ新体制。

歓迎会はスルッと逃れたザンキさんですが、来週はお尻叩かれてました。
すごいなー…。みどりさんの研究室でお尻叩かれて痛がるヒビキさんは妙に
ラブかったですが、そのうち勢地郎まで叩くのではと不安が過ぎります。
ほ、ほどほどにね。

そういえば、新体制効果で(個人的に)いままでどうもしっくりこなかった
徐々に変化したシビキさんの人物像に、収まりドコロが見つかったような。
アクをもってアクを制したみたいでマイルドマイルド。(何)
なぜ着流しでみどりさんに「あーん」か謎は残りますがッ(シビキさん!?爆笑

なんだか非常にマニアックな2ショットだったショウキ・ダンキは
出て来た途端に退場でちとさびし。オッシーほとんどしゃべりませんでしたね!(笑)

ひさしぶりにザンキさんみて無性にトキメいた自分の痛々しさを
再確認しながら(今更)次週を楽しみに。そうそう。ザンキさんとトドロキを
一端離したのも好印象でした。どうもあのふたりはいっしょにいても先がないような。
そういうふたり組(男子)こそ御大の大好物ですが、弦師弟はそういうのと違うと思うので、
ぜひこの辺りでふたりで一人前みたいな扱いには終止符を打っていただきたいと思います。

あーしかし立ってる師匠見てドキドキしました。なんだかなー。(困)


※しばらく前から関西どっとコムでは、FC2からの
TB規制がありTBが出来ない状態です。さらに楽天広場も…?
TBいただいたblogさまはLINK集に加えさせていただいていますが、
お返しがないのはそういった事情によるものです。寂しいです…


スポンサーサイト

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。