ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2005年11月13日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手違いにより削除。覚えている限り書き直してすこし加筆しました。
しかし今回も裁鬼さんのことは本文中に盛り込めず。なのでちょっとだけ。
誰よりも早く魔化魍の元へ駆けつけ倒れても倒れても戦い続ける鬼の中の鬼、
漢・裁鬼。トドロキが間一髪でヨブコの前に立ちはだかった瞬間
「裁鬼さんを助けるのはいまだイシワリ!!!」
そう叫んだ裁鬼&石割サポーターなわたし他多数のみなさま。(多数?)
トドロキとヨブコの戦いに画面が切り替わると倒れる裁鬼さんの姿が
本当に消えていました。GJ石割!ナイスアシスト石割!!!
君が居るから裁鬼さんは心ゆくまで戦える。永遠なれ。


響鬼39話「始まる君」。
タイトル負けすることもなく前回と違ってきちんと特撮でした。
よかった。本当によかった…。

ここのしばらく悩みを引き摺ってきた登場人物たち。
今回さまざまな想いを胸にそこから一歩を踏みだす。
これだけのエピソードをよく1話の中に詰めこめたものだと感心しました。
前に進む力を感じたストーリーでした。

今回8時10分を過ぎたころから見はじめました。
あんまり寒くてベットから出られなかったのです。
途中から見るのももったいないし、リアルタイム鑑賞は諦めようかと
思いましたが、本放送で観るのが一番キレイに見えるので(誰が)
がんばって這い出てTVをつけるとトドロキが雨の中泣いてました。
(正確にはCM明けの戦闘シーンから見ましたが)

急な展開に戸惑うわたし。たった10数分の間に一体なにが?
番組終了後に観返したので順番を逆に見ることになりましたが、
前半のギャグパート含めてかえって胸に響いたかも。いいシーンでした。

特に獅子のくだりは大爆笑で大感動でした。
よく戻ったねトドロキ。その一本気なまでのバカさ加減が
ここ最近別方向に向かってしまったことを残念に思っていましたが、
今回奇跡的に戻ってうれしかったです。ひさびさに登場したおやっさんが
独特の存在感を見せてものすごく笑えるシーンになったのもよかった。

ガオー。ガオーッ。妙に懐かしさを覚えると
イメージ映像をよくみれば動物園のCMみたいな獅子でした。
トドロキ…(大爆笑)

踏切では逃げたものの、魔化魍発生の一報(脳内補完)に
戦うための一式をリュックにつめて現場に駆けつけたあきら。
それでも迷う彼女に自分の思いを伝えるイブキ。
朱鬼篇で雨の中泣きじゃくっていた彼女は、朱鬼の最後に
そしてイブキの言葉になにを感じたのか。来週大きな転機が訪れそうです。

転機といえば明日夢少年。
ヨブコに関するシーンではツッコミどころありすぎでしたが、
みどりさんとの脱出劇でみせた逞しい姿がよかった。
キリヤ少年に鬼としての在り方を見せて明日夢を名前で呼んだヒビキさん。
うん。かっこよかったです。

光の中から登場した時はテーブルにうつぷしてそのままメリ込みそうに
なりましたが、何度も見ているうちに爆笑できるようになりました。
ヒビキさん、わたし鍛えました!(待て)
しかしその後のみどりさんとのやり取りと、随分ひさしぶりに
見る気がする炎に包まれる変身シーンは掛け値なしのカッコよさでした。
シゲキさん、ヒビキさんはそういう部分がカッコいいと思います。
光の中から登場しなくても。(なぜシゲキ演出と決めている←いえなんとなく)

最初は正直ジャマに感じていた番組終了後のマンドラ坊やとスモーキー。
(やっぱり喋る鉢白菜とねこランプの方がしっくりくる…)
慣れたのか彼らがなにをいい出すのかちょっと楽しみになってきました。
最後までだんご食べながら居るのかな。
スポンサーサイト

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。