ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2006年01月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は映画を観にいきながら出遅れもいいところなバーゲン巡り。
響鬼は未見です。
気にいったものを手に入れおもしろい映画に2時間16分笑い倒して休日を満喫。
両手に荷物を抱え日付変更線を辛うじて越えない時間に帰宅して、ただいま幸せです。
今日はこのまま就寝しようと思います。

~・~・~・~・~・~・~

昨日敢行されていた三谷監督怒涛の広報活動をチャンネル追ってまで鑑賞。
あたしって三谷さんが好きなんだわ。と少々意外な事実に気づいて
愕然としながら(なぜ)、それまで撮っていることすら知らなかった
「THE有頂天ホテル」を観にいきました。
映画そのものが面白そうなのはもちろんですが広報活動って重要だ…。


どこか愛らしさを感じさせる登場人物たちがくり広げる大晦日一夜の物語。
コメディをベースにほんの少しシニカルなスパイスが効いていて、
その配分もちょうどいい。
笑ってスカッとしたい気持ちに十分こたえてくれる136分でした。

けっこう大変な状況ですが、テンパることなく前向きに
早口に(※)、次々と起こる事態に対処していく姿がとてもよかった。
※「すべての登場人物に添え物じゃないエピソードを」と台本が厚くなり、
結果として役者さんは早口の限界にチャレンジすることになったそう。笑


しかしその早口も、キャラクターや状況を描くのに
効果的に働くのがこの映画のすばらしいところ。
優れた構成力とそれを魅力的に演じる俳優陣、しあわせな時間でした。

以前書きましたが、わたしは好ましいと思う感情のほとんどが笑いに
直結しているせいか(…)、イライラした笑いがあまり得意ではありません。
上からのツッコミといいますか…「有頂天ホテル」はそういったものが
まったく出てこなくて、上映時間の間中わらっていられた気がします。
疲れていても登場人物たちの奮闘を観ているうちに笑いながら元気になる。
そんな映画でした。また観たい。

最後になりますがオダギリジョー。
すさまじい萌えっコ具合なので、
ジョ好きの友人たちは万難を排して映画館に足を運んでください。
出演している間中あなたから目が離せなかったよジョー!永遠の仔犬目に幸あれ!
そんな感じ。(どんなだ)


――感想書きながら結局響鬼みてしまいました。
おもしろかった…何が違うのかまったく分かりませんがとても面白かった。
スーパー'sの最後は散華したザンキさんよりずっとずっと悲しいものでした。
スポンサーサイト

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。