ゴルトシャッツ

Entries

Date : 2006年05月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩野崇晴れ男伝説VS気象庁――

さすがに勝てなかった…
ものすごい降ってます。とても寒いです。

しかしこの降り方。
湿り気を好む男、タカマサがこの付近に
来ている気がしてならない。(コラ)

以上、体調かんばしくなく友人に声すらかけてない不義理者からの報告でした。





そんなことしていたら、イベント後あったおともだち達に
こないのでとても心配したよ!
とおこられてしまいました・・・ご、ごめんなさい。
ってあなたイベント終了するまで声かけなかったのか!って話ですが
声ががらがらだったのです…変声期で。(背負い投げ)
そんなわけはなく風邪でなんですが(…)とても反省しています。

・・・・友人の心配の半分は『仕事が入ってしまったのか』とか
『体調くずたんじゃないか』とかそんな感じだったのですが、のこりの半分は
またもや大した下調べもせずにやってきて道に迷っているんじゃ!!?

だったということは、誠に遺憾ながら事実なので記しておこうと思います。
さまざまな意味で、心 か ら 深 く 反 省 し て お り ま す…。

ごめんなさい!
スポンサーサイト
なんだかノドが痛くて火曜はその日の偽りの花園も見ずに21時就寝。
タイマーをそのままに仕事に行って帰ってきたら残量不足でぶつ切れていました。
なにがくやしいって残量不足になるから朝になったら巻き戻すように。
自分に言い聞かせて眠ったのに朝になったらキレイに忘れ去っていたことです。がってむ。

盛り上がってきたところでぶつんと切れてましたが、
権蔵父さんの怪演がみられたのでよかったと思うことにします。
あの妙な間とリアクションがすごかったですね。
たしかに速効性のある毒をたべたらあんな感じなのかもしれません。

それにしてもぼっちゃんの嘘をつくときのあの空々しい態度。
急に演技がうまくなったきがするんですが、あんまりうまくいき過ぎて
うれしさを感じるよりたいへん憎らしい感じです。
あれでは真実の愛がどうのという美禰ちゃんのほうが浮気相手ですよね。
さらにもう妻に愛情はないとか言っておきながら浮気相手と本妻とどっちもキープv
…したいようにしかみえないんですけど。うきーっ!

テープの最後は今浜を憎憎しげにみる美琶ちゃんでしたが、
そのあとあの困ったバカぼんはすこし懲らしめられたのでしょうか?
美琶ちゃん、怒りの矛先は顕彦さんにね。ちょっとやっつけちゃってください。笑
ユリエちゃん、正解!


そんなことしたらわたし死にます!
窮地に追いこまれ耐えられぬほどの苦難を味わうことになったのです――
前回のおさらいでの空恐ろしいユリエの絶叫、美禰ちゃんの独白から一転、
ぼっちゃまの完璧なる若旦ぼんぶりに大爆笑で始まった36話。
あほだ。正真正銘完全なるあほがいる・・・大爆笑

今浜お正月の風景はすんごい違和感ありましたね。

正面で一家の主みたいな顔してお酒を飲んでるわりに座った姿はハムちゅのように
ちんまりしていた顕彦さん。あ、美琶ちゃん。与えるひま種は一日一粒までですよ!(謝れ)

瑠璃さまVS.ユリエさんのフェロモン対決。
孤軍奮闘の瑠璃さま。がんばれ瑠璃さま。おせちを食べてパワーアップだ。
アンパン食べてあんぱーんち。…土下座。<(_ _)>

しかしユリエさんのパワーはなかなかすごい。
あのかんじろうさんですらミモザ館でのやりとりではおされてた感が。恐ろしや…

そのミモザ館。
真珠夫人の瑠璃子の部屋…じゃなくてなんだっけ娼館のなまえは…うーん。
ちょっと思い出せませんが、瑠璃子さんのやってた娼館を彷彿させるつくりだったので
リリーの狂ったような笑い声が聞えてくるんじゃないかとどきどきしました。
あれは結構トラウマかも。こ゛わ゛か゛った・・。
リリーにくらべればユリエはまだまだかわいいなぁ、い ま の と こ ろ は

見ているうちにユリエさんの押しの強さがクセになってだんだん心地よく感じるように。
このままユリエ色に染まるのか。俺、いや偽りの花園。
そう思っていたら予告で東海名物創作料理に負けじと大暴れする栄子姉さまの姿が。


ファイトッッッ!!


ザン・ザカザン・ザカザカザカ・ザンッッッ!!!
ザン・ザカザン・ザカザカザカ・ザンッッッ!!!

あの人がとうとう…とうとう帰ってきた!
すっかり毒婦も板についてなんて大物になって美琶ちゃん!!
お母さん(誰)嬉しい悲しいわ!

相変わらず告白する順番間違えてる美禰ちゃんと、
そんなに変わっていない忘れられない人相手に名前の確認(しているようにしか
思えなかった…それともうっかり忘れた?)するぼったまの天然コンビはさておき
伯爵…家のビデオがむずかっていた3日の間に天に召されてしまったのですね…合掌。
しかも7年も経ってるヨ!しんみりする間もなく子供も大きくなってるし!
気分は顕彦以上に浦島太郎なわたしでした。


あっっっという間に帰ってきたぼっちゃま。
もうちょっとインターバルがあるかと思ったのにまさかあの人と一緒に
帰ってくるとは。どれほどいもうと好きだよ!(いったらダメだ)

栄子姉さまもお変わりないようで。
話の展開からかんじろうさんはもしかして退場後なのかと慌てましたが、
次回予告で伯爵家にちゃっかりその姿が。なぜだ…まさか姉さまと結婚でもした?笑

満州から帰ってきたらちょっとワルぶってて天パくるくるになってるかもと
ワクワクしていたのに、外見中身共にまったく変わってなかったぼっちゃま。
(それ以前にそんなにはやく髪はのびません)さっそく愛をむさぼります。
お丹さま。そのふたりにつもる話などありません。


もうすこし懲りたら……


相変わらずハムちゅ並みの学習能力のぼっちゃまでした。
いやハムちゅ以下かも。
これから美琶ちゃんにどれほど懲らしめられてしまうのか。
た、楽しみだなぁ…は。うっかり本音が。心配でございますよ。えぇもちろん。

レンタルショップにいったら入荷していたので借りてきました。
5/21発売だったんですね。安く買える限定版がまだあってよかった。←予約も忘れてた


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

劇場版 仮面ライダー響鬼 7人の戦鬼
坂本太郎監督/ 2005年夏公開/ 東映
出演:細川茂樹/ 松尾敏伸/ 渋江譲二/ 松田賢二/ 山中聡/ 北原雅樹/ 湯江健幸/
川口真五/ 栩原楽人/ 安倍麻美/ 小泉孝太郎/ 下條アトム ...


劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版 特別限定バージョン  劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版  劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 通常版  DVD ~O・NI・劇場版仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 メイキング~ <送料無料>
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版 特別限定バージョン
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 通常版
~劇場版仮面ライダー 響鬼と7人の戦鬼 メイキング~



2005年夏に公開された「劇場版 仮面ライダー響鬼」のディレクターズカット版。
ライダーではじめての時代劇(時代物ファンタジー)という異色作。

DC版ということで未公開のエピソードが増えたのはもちろんながら、
諸処の事情でカットされた細かい台詞や表情を足していくことでシーンに
ふくらみをもたせ、登場人物たちの感情の流れをみせることに重点をおいた丁寧な作り。

それによって劇場公開時にみられた理解しがたい感情の動きはナリを潜め、
より感情移入しやすく物語としての完成度が格段にあがっている。

劇場公開時はあくまで人気TVシリーズの劇場版といった
間口の狭い作品だったのが、DC版がでたことではじめてひとつの
映画として評価できるようになった。そんな印象。

コメディとしか思えない戦闘シーンなどつっこみどころがなくなったわけでは
ないけれど、登場人物たちに厚みがでて作品としても格段に上質になった今作。
TVシリーズを観ていた方にも観ていなかった方にもおすすめの一枚。

またTVシリーズが終了したいま観ると今作がいかに
響鬼という作品がもつ雰囲気やよさを理解し丁寧に作られていたのかが分かり、
嬉しさと若干の切なさがよみがえる。

――いやほんと。これが劇場で観られたらどれほどよかったかと思います。
脚本のトシキング(誰だ)の丁寧な仕事にも驚愕です。(失礼な)
未公開映像としてはヒビキさんのキレ味鋭いアクションや劇場版ゲスト鬼
(ライダー)たちのエピソード、さらに童子・姫側のシーンも追加。
特典の坂本監督・いのくまカメラマンの同年代なかよしコメンタリーも
かなりおもしろかったのですが、そちらの感想はまた次の機会に。

お兄様。あたくしとうとうやってしまいましたわ。




……録画仕損じを。


な゛に゛がわるがったってい゛う゛ん゛だあ゛あ゛ぁ゛


モロ師岡劇場完結篇。
先週よりぐっと面白くなりました。モロさんもとても濃かったし(笑)よかったです。
ムチャクチャだけどイキオイのみで乗り切る。そんな回でしたが面白ければ無問題。
若林(モロ)擬態ワームに「もらうぞ。お前のいのち(ラーム)!」と、
シャンゼリオンのダークザイドそっくりに言わせるのは悪ノリしすぎだよと思いましたけど。笑

いま急に気温が下がった部屋でくり返し観ていたら、ものすごおでんが
おいしそうでした…食べたい。ブルブル。でもはんぺんはしばらくいいですサムイから。(あの

岩谷 おでんの達人


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


ゴン、可愛いなぁ…。元々存在がキラリと光る女優(子役)さんでしたが、
ひよりっちが八百屋で果物の名前がわからなくて困っている時、その果物を
ひょいと持って「はっさく」ってハキハキいった時はあんまり可愛くて天才!?と思いました。
可愛さの天才。素晴らしい。

平成ライダーマジック(というより敏樹魔術というべきか)に
翻弄されてとんでもないことになっているゴンの現保護者も、見慣れてきたのか
ご本人の資質がスタイリングに勝りはじめたのか、とてもかっこよかったです。
眉はキレ良く上がりすぎていますけれど(腹痛)しみじみとキレイな顔立ちの役者さんですね。

先日から自分強化月間にはいっている加賀美が、ワームと戦っている場所に
偶然通りかかった人みたいな雰囲気でカットインしたカブトに爆笑。なんだそりゃ。笑
――なんていろいろ言ってますが本当は

弓削さん演じる三島の腰高なうしろ姿
すっかりやられて冷静な判断が出来ません。カッコイーーー!!! 
三島さんにすっかり目がくらんだので、今回のカブトはとてもおもしろかった
気がするけど、具体的になにが面白かったのかよく分かりません!!(待て)

そんな素敵な三島さんがハチを捕まえて無理やりゆうこと聞かせていたのに腹痛。
なんとなく性別♀な気がするザビー蜂。変身を解いて解放された後、
「なんてことするのよ!?2度としないでよ!!!!」
といわんばかりに三島の顔付近を飛んでいたのに大爆笑でした。


番組エンド漫才。
加賀美のつっこみ、キレが良すぎてオチが分かっていても笑ってしまいます。
このコーナー、できるかぎり長く続くといいな。
今日も大暴走の伯爵。この親にしてこの子あり。
そんなことわざが頭を過ぎった偽りの花園第29話。…もう29話ですか。はやっ

前に出来のよさを嘆いた偽花の予告。
今回は本編にちゃんとサプライズがありそうな感じで一段といい出来栄え。
明日(もう今日ですが)の放送が楽しみで仕方ありません。
……いまちょっとウソつきました。
期待に震えながらも本当はコワイ。伝説のMISAKI祭りふたたびな雰囲気がコワイ…っっ。笑
ぼっちゃま。帰ってきて坊ちゃま。そっちにいってはいけませんわ!!! ブルブル
※本編のとんでも演技とメイキングの可愛さがファンの間である種伝説となっている
 松田さん出演のTVドラマ。


霊女 MISAKI 1 ◆20%OFF!
霊女 MISAKI 2 ◆20%OFF!

▽ オンラインDVDレンタル
DMM.com : 霊女MISAKI  霊女MISAKI 2


~・~・~・~・~・~・~・~

坊ちゃま、以前より逞しくなっていたような。肉体労働の成果でしょうか。
腹話術のお人形じゃなかったですよ!←blogでは書いてませんでしたが気づけばaさんの所で。笑
今日の坊ちゃまならラブリー蔵王丸よりほんの少し逞しかったかも知れません。
しかし学習しなさ加減はそっくりです。やはり中の人がいっしょなだけは…。爆笑
そんなわけで連休最後の更新はたらみのみかんゼリーです。(どんなわけ)
気が済むまで飾ってみようと思います。
身体を休めながらblogのマイナーチェンジを楽しくしていた
連休ももう終わりという今日、更新できるだけしておこう。(あの)

25話まで10話分くらいたまっていた録画を観ました。
途中美禰ちゃんが「(顕彦さんの)美しい顔が・・・あのうつくしいかおが」
と何回も言うのでとても気分が良くなったどうしようもないファン心理。イエー!
・・・連休でだいぶ頭もわいているみたいです。あぁ明日から仕事行きたくない。(関係なし)


ぼっちゃんの不甲斐ないぼっちゃまぶりを一気に目の当たりにして、
26話で爆破シーンの後ぶるぶる震えていたのは、犯してしまった罪への
罪悪感からではなく、実行することが出来なかったことへの罪悪感だったのでは
という疑念がわきおこる。どーなのですか顕彦坊ちゃま。

しかし偽りの花園は予告観て次の放送を待つ時間が一番たのしいような気がする。
それだけ予告を作るのがうまいともいえるけれど、いまのところ予告が
すべてというか、それ以上のサプライズが本編に用意されていないのが、
ストーリーがしっかりして面白いだけに残念な点かも。
「ライダー…キック」
カブトが気だるげに呟いた瞬間ワームが爆発したので、カブトスタッフは
どんな飛び道具的属性をライダーキックに持たせる気なのかと本気でおどろく。
ドレイクか。そうかなるほど…ひっそり笑った前回ラスト。
ドレイクになるとオッシーがいやに細腰にみえるのが気になる2006年初夏。
今年も暑くなるのでしょうか。(なに言ってるのですか)

友達に強力に勧められるでなく、はじめて自発的に1話からみ始めるという
かつてない視聴意欲をもって平成ライダーを見た昨年。
結果としては惨敗というしかなかったので、さらば東映。
もうライダー見ることもないのだろうとカブトが始まった時は遠い目をしていました。
が、あやさんとゆーちゃんが日記であまりに楽しそうだったのでまた観始めています。
ただいま東映。(あっさり)

そうして見始めて1ヶ月くらいになるカブト。
まだ日が浅いせいかけっこうあるらしい設定上の不整合なんかも
気にならず、楽しく観ています。知らないだけに新しい設定を見るたびに
知らない設定がまた!?とか新鮮な気持ちでいられて途中視聴も悪くありません。

天道を演じる主演の水嶋ヒロさんは、ハチべえ(誰)を彷彿させてとてもいい感じ。
彼の画面からあふれ出さんばかりの輝く魅力を目を細めてみています。
ご本人の若さあふれる一本気な性格も見逃せないところ。
ライトフットさん、クリームパンに対する思いは彼のweb日記に熱く
つづられています。面白いですよv(私もaさんにオススメを受けました。笑顔)
演技力のある加賀美くんといい今年のキャストはとても感じがいいですね。


いきなりの長石トンネルに「おかえり!そしてただいまタカオちゃん!!」
とか大興奮だった先週にくらべ(興奮の方向が間違っている気も…)
今週はまるで昂揚感がなく、ついでにいえば内容もなかった。
こんなにも完成度に違いがでるのに問題はないのだろうか。

天道と大介のレストラン・バトルもすこし前のスクラッチ削る回は
かわいくて面白かったのに、今回のはどうでもいい感じ、というよりいっそ不快でした。

スクラッチの回は次々と料理を頼んでも、当たりが出たあとに
すべて平らげて去るという描写までいれる細かい配慮を見せていました。
それとは違い食事をする場所でメイク道具を広げて香水を吹きかけるに
止まらず、ドライヤーで髪型を変えるという傍若無人な振る舞いをみせたふたり。

天道と妹ちゃんとのごはんシーンにも違和感を覚えましたが、
生理的な不快感を与えない。この部分を無視すれば、本来笑いを提供するはずの
シーンが笑えなくなるばかりか、不愉快なだけの意味のないものになる。
子供番組なめたらいかん。――と思ったら演出がヒーロータイムの黄金コンビでした。
OPで脚本が誰かは一瞬見えたんだけど監督が誰かまではわからなかった。そうか…

カブトはそういうの気にせず見たいんだけど、それならしようがないからいいや。
次回に期待。はっ。カブトも2話完結なら次回も?スズムーとは分けてください…


最初の感想なのに不満が多くなってしまい不本意ですが、
先週はどうしても時間がなくて書けなかったんだーだーだーだー(エコー)。
…我ながらあほすぎる…。


オロナミンC-。
天道がとってもおさるな感じでかわいかったです。
普段はキレイな顔立ちなのにライティングのせい…?笑
しかしかわいいので本編の何もかもがふきとびました。さんきゅーオロシー。
飽くことなく何度も観返した初期の牙狼。
各話毎に違った楽曲が使用されアクションを絡めた映像美と共に、
牙狼の世界観を印象付けるのに大きな役割を果たしました。

そんな楽曲たちがぎゅっとつまった待望の音楽集。
ライナーノーツも充実の内容。先ごろ発売されたムック本2冊では
まったくフォローされていなかっただけに、詳細が分かり読み応えある仕上がり。

この音楽集の特徴は、ライナーノーツに記されている「(牙狼は)各話の録音作業毎に
その回にあわせた音楽を作り出していた」という驚きの事実を裏付ける楽曲の短さ
俗にいう初期と後期に使用されたOP・EDを間にはさむという念の入り様で
各話ごとに収められた楽曲は、どれもキレ味鋭くあっという間に終わる。

使う尺も作る時間もないから盛り上がり以外要らないんだよ。でも手抜き厳禁!
そんな叫びが聞えてこなくもない。まさに牙狼という作品を体現したような音楽集。

なんかもー参りました!笑




「牙狼(GARO)」音楽集3,000円
2006/04/26 発売
総再生時間:1:15:47
制作会社:(株)ランティス
商品番号:LACA-5514
JAN:4540774505142

第1話「絵本」



第2話「陰我」



第3話「時計」
第4話 「晩餐」

第5話「月光」
第6話「美貌」

第7話「銀牙」

第8話「指輪」
第9話「試練」

第10話「人形」
第11話「遊戯」
第12話「大河」
1.Theme of GARO
2.絵本の黄金騎士
3.赤騎士の罠
4.対峙
5.召還
6.邪心
7.東の番犬所
8.血に染まりし者
9.完全なる憑依
10.逃走
11.強くなれ!
12.悪魔の結界
13.覚醒
14.ZERO
15.苦戦
16.魔戒騎士VS魔戒騎士
17.禁断の戦い
18.欲望
19.父と母の想い
20.それぞれの試練
21.道化師
22.美学のゲーム
23.父の剣技
24.少年鋼牙の修行
25.危機
26.契約の現実


第14話「悪夢」

第15話「偶像」
第16話「赤酒」
第17話「人魚」
第18話「界府」
第19話「黒炎」
第20話「生命」

第21話「魔弾」
第22話「刻印」
第23話「心滅」
第24話「少女」
第25話「英霊」



ボーナストラック
27.僕が愛を伝えてゆく TVサイズ
28.SAVIOR IN THE DARK TVサイズ
29.静香
30.真魔界突入
31.激闘
32.陰我消滅の晩
33.告げられた真実
34.邪美
35.暗黒騎士
36.紅蓮の森
37.掴み取った愛
38.復讐
39.守りし者として
40.暗黒へ向かう者
41.信じあう心
42.大魔導陣の激闘
43.英霊
44.僕はまだ恋をしてはいけない TVサイズ
45.次回!(予告用音楽)
46.ガロの咆哮(効果音)
47.ゼロの咆哮(効果音)
48.アイキャッチ(効果音)
49.サブタイトル用(効果音)
50.轟天(効果音)
51.魔導火(効果音)
52.鎧装着(効果音)
53.鎧脱着(効果音)


昨日今日とリアルタイム鑑賞できている偽りの花園。
でも録画しただけで間がだだっと抜けているので、ぼっちゃんのけだものだぁぁ~祭りも
イナゴとおねえさまの同衾(すみませぬ)祭りも見てないのでいろいろびっくり。
婚儀シーンすら見てないのにすでにイナゴと不仲なのねミネちゃん。不憫な…。

若くて弱々しく青臭い正義感を振り回すわりに自分のことしか頭にない
典型的な古典バレエの王子様タイプにみえる顕彦。これを松田さんなりに
表現するとあの息の抜けた上ずり台詞になるのでしょうか。
狙いは分かる気がするけどあんまり成功してな……(言うな)

でもこの顕彦演技、嫌いじゃありません。
新しいことに挑戦しているのが分かるし、目の表情がとてもいいと思うのです。
しかし台詞が聞き取りづらいというのは致命的だと思うので、なるべく早く
その演技が板について上手く回っていくといいですね。切実に。


前日のイナゴのスネも(ごめんなさいっ…)偽妊婦祭りも
すべて吹きとばした予告の「お兄様と呼べ」はいとくの顕彦坊ちゃま。
本編でみたらちっともやらしくなくてびっくりでした。背徳じゃなくてヤケ。
どこまでもまっすぐ一直線なのですねぼっちゃま…。
暖炉の前で「おにいさまでいいんだよ」といった時の方がよっぽどやらしかったです。
響きが押えた感じでちょっと苦しそうだったからかな。

しかしそんなこんなも美禰ちゃんが渾身の演技でおなかの中身を暴露した
笑劇シーンで、わたついた坊ちゃまがまるでハムスターのように可愛かったので
すべて気にならなくなりました。(あの)
おいらハム吉。長身の美禰ちゃんに抱きつかれたら、よろけちゃうのも
仕方ないのさ。だってハムスターだものチューッ。
……。
………。
…………。
からだ鍛えようよハム吉!チーズ持たずにバーベルを持て!!
(ハムちゅはチーズ食べないですよたいらさん←問題はそこじゃない)


美禰子も顕彦も戻れない門を越えて大きなターニングポイントを迎えた25話。
権蔵とぼっちゃんの因縁がこれからどうなるのか気になります。
そして茜お母様。ブルブル震えるハムちゅにはお金じゃなくてひまわりの種を!(お黙り)


1892493_a.jpg

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。