ゴルトシャッツ

Entries

― 日々の戯言とLOVEガタリ ― 

  • <<  仮面ライダー響鬼 二十之巻― 清める音 ―
  • >>  仮面ライダー響鬼 劇場版 製作発表会見

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼 二十之巻― 清める音 ―・2

  • 2005.06
  • 13

Edit18

長くなったので2分割して個別語り。

■ 響鬼初うまそうな魔化魍アミキリ

謎男がカニの残骸をあつめて誕生させた
新しい童子と姫と魔化魍。
ひしひしと感じる高級感になんだかとってもうまそうな尻尾、
てっきりロブスターかと思っておなかが鳴った食いしん坊の私。
でも登場したらムシ羽はえた巨大ザリガニでした・・・
妙にエグかったけど怒ったような逆八の字目はおもろかったです。


■ 結局烈雷をかきならすのを止めてくれなかったザンキさん

休む描写がまったくなく現場に出続けているトドロキ。

休みなしッス。がんばってるッス。
変身前でもギターソロっっっス!!
って待って。
変身してなくても烈雷奏でるんですか?
トミゾー、恐ろしい子…

このあたりでもう烈雷を奏でる理由は
どーでもよくなり、とにかくやめて欲しい気持ちで胸いっぱい。
しかし、「自分流に、がんばってただけなんス」
必死に自分の気持ちを訴える愛弟子に
ほだされた理解を示したザンキさんは、視聴者の願いもむなしく
ハズカシのギタープレイをとめてはくれないのでした。
合掌。

さらにはアキミリ撃破後、出動がつづいていても
異常に元気だったのは若さゆえではなく、
やっぱり張り詰めていただけだったらしいトドロキがへばったのを見て
「一人前のおまえの尻拭いをしてやるか」なんて
日本語として成立しない言葉までつかってトドロキのバックアップを宣言。

そんなに…そんなに
おまえは一人前ということを強調したいのですかお母さん。(違)
あげく「余計なおせっかいか」なんてうっすら微笑んだりして
一体私たちを(私たちを?)どうしたいんですかザンキさん!!!(動揺)


さっきまでへばっていたのはどこへやら。
俄然はり切った轟鬼は轟鬼完全変身体、トドロキ人間体につづき
轟鬼頭部変身解除体(覚えが早いね)でもロケンロー。

もうこうなったからには残る
轟鬼全裸変身解除体でもプレイするのだトドロキ。
体を張って私たちを笑わせて
そう思いましたが、最初は爆笑せずにはいられなかった
音撃斬も、いまは普通にみられるようになったくらいだから
清めの儀式(轟鬼解釈)にも慣れる日がくるのかもしれない。
一生こなくていい。ホントにいい。

でもこれで轟鬼の専属サポーター・ザンキ誕生=
轟鬼が活躍する回にはかならずザンキさんも登場、という図が
できたのだからよくやったと、ほ、ほ、ほ、褒めてあげたいです。
最強の武器、トドロキひとりギタープレイを。
(今回はまた盛大にズレてましたねかけ声。そういう芸風なのかトミゾウ…)

そしてこのあと、DAのあつかいやら烈雷の
扱いやらをザンキさんに叱られまくるトドロキだった。
たぶん、きっと。オレの占いは…(懐かしい)

以下かなり恥ずかしいヒビキ語りはMore...へ

■ 雰囲気だけは初期型にもどってくれていたヒビキ

今回もお助けと称してチョコっと変身しただけだった響鬼。
でもみやげ物屋での香須実とのやりとりは、
初期の物言いを思わせてなんだか和みました。

ヒビキからみたトドロキの印象も納得しながら
あったかく笑えるものだったし、オチもよかった。

しかしトドロキの陣中見舞いにいってからは…
わたしの中で、セリフを変えた件がつよく残っているせいかも
知れないけれど、あのだんごを食べ続ける演出は
どうしても、細川さんが希望したものに思えてならない。
シゲキ・カラーを強烈に感じると同時に、
細川さんが主演をはることに一歩ひいているんじゃないのか。
特別遊撃班に任命されてからのヒビキに感じていた違和感が、
細川さんの番組への接し方にも由来しているのではないかと思えて
ちょっとさびしくなりました。

今回、3人目のライダーとして新人・轟鬼が登場して
番組をもりあげているのをみて再認識しましたが、
本来は1番手として轟鬼のようなライダーがでてくるのはとても重要なこと。
そういうセオリーをとらず、失敗したりうろたえたり、
それでも必死に化け物に向かっていく姿で視ている者に
カタルシスを与えることのない響鬼がタイトルロールだったからこそ、
知名度も含めて演技や存在感で画面と番組をもたせることの出来る
俳優・細川茂樹が「響鬼」には必要だった。

そう考えると、番組初期の細川さんのやたら使命感に
あふれて重責を感じさせる発言の数々もうなずけるというか、
思わず労いのファンレターを書きそうになりますが(書けよ)、
期待にこたえて無事、後輩たちの見せ場となる盛り上がりに
つなげて折り返し地点となったいま、自分が出張るところではないと
一歩ひいたスタンスで演じているのではないかと思えるのです。


たしかに大河も忙しく出番は少ないし
いまが後輩の見せ場であるには違いないけれど、
脇が輝けるのは主役がしっかり存在していればこそ。
若い後輩のがんばりを微笑ましく見守るのははや過ぎます。

出番が少なくても闘わなくても
――ついてこれなきゃ置いてくからな。
真ん中でガツンと一本筋の通った
存在感と輝きを細川さんには放ちつづけて欲しい。
最終話を観た後、当時こんなこと思ってたのかと笑えるように、
番組の終了を心からさびしいと感じられるように。


わかった風なことを長々書きましたが、
鮮烈に仮面ライダーに登場した
細川さんに魅了された特撮好きの戯言と願いでした。

これからも楽しみにしてますねヒビキさんッ!

スポンサーサイト

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://taira119.blog5.fc2.com/tb.php/18-a24525e2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

「がっちりマンデー」と「仮面ライダー響鬼」

「がっちりマンデー」で2005年上半期のヒット商品を紹介していました (6月12日オンエア)その中で興味をそそられたものが「ツーカーS」携帯電話の業界は、機能重視ですすんでいるにもかかわらず ツーカーでは、とにかくシンプルに徹して作ったことにより 大ヒ

  • 日々ニュース&ティータイム
  • 2005.06.13 18:59

それが響鬼! 響鬼二十之巻「清める音」感想

最近、バイトを始めたが来る客が鬼ばかりだったり新人の活動報告を見たらPVだった全国の響鬼ファンの皆様!早速感想に入ります。

  • CODY スピリッツ!
  • 2005.06.14 11:37

『仮面ライダー響鬼』二十之巻「清める音」の感想。

★TBさせてイタダキマス★あやややや~(笑)と♪『仮面ライダー響鬼』二十之巻、「清める音」の感想です♪例の轟鬼のパフォーマンスの真意が明らかに・・。

  • まぜこぜてみよ~う。by青いパン
  • 2005.06.14 20:15
  • <<  仮面ライダー響鬼 二十之巻― 清める音 ―
  • >>  仮面ライダー響鬼 劇場版 製作発表会見

プロフィール

たいら/taira

  • Author:たいら/taira
  • ゴールドシャッツ'Goldschatz'
    1996年 ドイツ・タンタウ作出

    Blog歴
    2005年 仮面ライダー響鬼
    感想Blogとしてスタート
    2006年 Blog名変更 
    旧名 -響く鬼ってどんなオニ?-
    2010年 萩野崇さんFan Blog
    - Bush Clover- と統合 

    ~現在に至る

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © たいら/taira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。